物欲に負けた日

オススメのガジェットや文具のレビュー、育児や仕事、日々のいろいろを書いています。

GoogleスプレッドシートでSearch Consoleのデータを解析!リライトする記事を自動で判定するツールを作成して効率的にリライトしよう!

どうも!きったんです。

ブログのアクセスアップのために欠かせないのがリライトですね!でもめんどくさい。。。なんとか効率よくリライトしてアクセスアップしたいと思いませんか?僕はめちゃくちゃ思います!

アクセスアップのためにリライトする場合、AnalyticsやSearchのデータを見てどの記事をリライトすれば効果的かを判断していくことになるのですが、Search Consoleのデータをちまちま見ながら「この記事のタイトルを修正した方がいいなぁ〜」とか決めていくのって大変ですよね。

Search Consoleのデータをエクセルみたいな表計算ソフトに取り込んで、検索ワードごとの表示回数や検索順位、クリック率でリライトする項目を自動判定するようにしたら便利そうって思いませんか?

専用のアドオンを使えばGoogleスプレッドシートにSearch Consoleのデータを取り込んで解析することがとても簡単にできるんです。

データ

この記事ではGoogleスプレッドシートでSearch Consoleのデータを解析して自動でリライトする記事を判定する方法を紹介します。

Google Search ConsoleのデータをGoogleスプレッドシートに取り込む方法

Googleスプレッドシートにログインしておこう!

Google Search Consoleは使っていますよね?これは大前提です。

次にGoogleスプレッドシートを使ったことが無い方はまずはGoogleスプレッドシートを使えるようにしておきましょう。Googleスプレッドシートは無料で使えるオンライン上の表計算ソフト(エクセルみたいなもん)です。

GoogleアカウントがあればOKなのでSearch Consoleを利用している方はアカウントは持っているはずです。

www.google.com

パソコンで上のサイトにアクセスして「Googleスプレッドシートを使う」のボタンからログインしておきます。Search Consoleと連携させる必要があるのでGoogleアカウントを複数持っている場合でもSearch Consoleで使用しているのと同じアカウントにしてください。

アドオン「Search Analytics for Sheets」をインストール

Google Search Consoleのデータを取り込むためのアドオンをGoogleスプレッドシートにインストールします。

chrome.google.com

まずは上のリンクを開いてください。悩むところは無いと思うのでサクッとインストールしましょう。

Googleアカウントの選択になるので複数のアカウントを持っている方はGoogleスプレッドシートとSearch Consoleで使用しているのと同じアカウントを選択してください。

インストールが済むとGoogleスプレッドシートの画面が開くはずです。開かない場合はGoogleスプレッドシートのページを開き新しいスプレッドシートを作成してください。

アドオンのインストール

ツールバーのアドオンを開いて「Search Analytics for Sheets」というメニューがあれば準備はOKです。

GoogleスプレッドシートにGoogle Search Consoleのデータ取り込む

アドオンのインストールが済んだらいよいよGoogleスプレッドシートにGoogle Search Consoleのデータ取り込みます。

アドオンを開く

ツールバーのメニューから「アドオン→Search Analytics for Sheets→Open Sidebar」をクリックします。

アドオンのサイドバー

するとサイドバーが開きます。

データの取得

データ取得をするホーム ページ(Verified Site)、データ取得期間(Data Range)、検索タイプ(Search Type)、取得したいデータ(Group by)などを設定して「Request Data」をクリックすればデータが取得できます。

データ取得をするホーム ページ(Verified Site)はもちろん自分のブログのURLを選択、データ取得期間は任意で構わないと思います。検索タイプは画像検索の結果とかにしても仕方ないのでDefault(Web)のままにしておきましょう。取得したいデータは必要に応じて選べばいいのですが、基本的にQuery(検索ワード)とPage(記事のURL)だけでいいと思います。

データを取り込んだシート

データを取得すると上の画像のようになります。Query(検索ワード)とPage(記事のURL)の横にClicks(検索結果からアクセスされた回数)、Impressions(検索結果に表示された回数)、CTR(表示された回数に対してクリックされた割合)、Position(検索結果の掲載順位)が表示されています。

バックアップ

継続して自動でデータを取得するにはバックアップのタブを使用します。

同じようにデータ取得をするホーム ページ(Verified Site)、バックアップ期間(Period)、検索タイプ(Search Type)、取得したいデータ(Group by)などを設定して「Request Data」をクリックすればデータが取得できます。

自動バックアップのためデータ取得期間(Data Range)がバックアップ期間(Period)になっています。毎月3日に1ヶ月分のデータを取得するか毎日1日分のデータを取得するか選択できます。リライトの目安にするなどの目的であれば1日のデータでは少ないと思うのでMonthlyで良いと思います。

下にあるチェクボックスは好みで良いと思います。

  • Email me backup status:バックアップが完了したらメールでお知らせが来ます。

  • Run a backup cycle right away:バックアップのタイミングを待たずすぐにバックアップを作成ます。

Google Search Consoleからのデータの取り込みはこれで完了です。

GoogleスプレッドシートでSearch Consoleのデータを解析してリライトする記事を自動で判定する

Google Search Consoleから取り込んだデータを加工してリライトする記事を調べます。簡単にいうと取り込んだデータの右側に行を追加して、そこに判定式を入れて自動で判定をするわけですね。

それでは具体的なやり方を説明していきます。あくまで僕が作成したときの例ですが、見てもらえればやり方がわかると思うので、項目や数字はお好みで調整してみてください。

判定する項目を決める

判定する項目を決めます。僕の場合は次の3つの判定項目を作りました。

  • 検索結果の掲載順位が高いがあまりクリック(アクセス)されていない

  • 検索結果の掲載順位が低いがクリック(アクセス)されている

  • 検索結果の掲載順位が低いが検索結果に表示される回数が多い

検索結果の掲載順位が高いがあまりクリック(アクセス)されていない

検索結果の掲載順位が高いのにあまりクリックされていない場合はタイトルやディスクリプション(記事の概要)が検索するユーザーの興味を引いていない可能性が高いわけですね。

なので検索ユーザーがクリックしたくなるようなタイトルやディスクリプションに修正してあげる必要がありますね。

あまり煽るようなタイトルを付けたり、記事の内容と関係ないタイトルで興味を引くのはアウトですが、わかりにくいタイトルなどをやめて、どんな記事か、記事のウリはなにかをちゃんと伝えられるタイトルとディスクリプションに修正していきます。

それではG列に判定式を設定します。判定基準は検索結果の掲載順位が3位以上でクリック率が30%以下の記事です。

判定式を設定

G2のセルに「=IF(AND(E2<=30%,F2<=3),"○","")」という判定式を入れます。セルに「○」のマークが表示された行のデータが該当するデータです。

G3より下のセルにG2のセルの内容をコピーしていくと自動で式が修正されます。この辺はGoogleスプレッドシートやエクセルとかの表計算ソフトを使い慣れていれば簡単ですね。

検索結果の掲載順位が低いがクリック(アクセス)されている

検索結果の掲載順位が低いにもかかわらずよくCTRが高くよくクリックされているのはより掲載順位が上位のページにユーザーが満足していないということですね。うまく記事をリライトすれば検索順位をアップできるかもしれません。

記事に追加の情報を入れたり、読みやすいように記事を修正したりしてみるといいでしょう。

それではH列に判定式を設定します。判定基準は検索結果の掲載順位が5位以下でクリック率が10%以上の記事です。

判定式の設定その2

H2のセルに「=IF(AND(E2>=10%,F2>=5),"○","")」という判定式を入れます。セルに「○」のマークが表示された行のデータが該当するデータです。あとはH3より下のセルにH2のセルの内容をコピーしていくと自動で式が修正されます。

検索結果の掲載順位が低いが検索結果に表示される回数が多い

検索結果に表示される回数が多いということは検索される回数が多い需要の多い記事ということですね。ポテンシャルがあって掲載順位が上がればアクセスアップにつながります。

また、11位以下(検索ページの2ページ目以降)のような低い順位でも表示されることが多いのは上位のページにユーザーが満足せず2ページ目以降にもアクセスしてきているということです。上位に食い込める可能性がありますね。

記事に追加の情報を入れたり、読みやすいように記事を修正したりしてみるといいでしょう。

それではI列に判定式を設定します。判定基準は検索結果の掲載順位が5位以下で表示回数が100回以上の記事です。

判定式の設定その3

I2のセルに「=IF(AND(E2>=10%,F2>=5),"○","")」という判定式を入れます。セルに「○」のマークが表示された行のデータが該当するデータです。あとはI3より下のセルにI2のセルの内容をコピーしていくと自動で式が修正されます。

まとめ

アクセスアップのためにリライトが重要というのはよく言われますが、たくさんある記事の中からどの記事をリライトすればいいのか考えるのは大変です。そこで表計算ソフトなどで解析ができればいいなぁと思ってCSVなどで出力できないか調べていたところ、以下の記事でGoogle Search ConsoleのデータをGoogleスプレッドシートに取り込めるということを知ったのです。

ferret-plus.com

GoogleスプレッドシートでSearch Consoleのデータを解析すればリライトする記事を自動で判定することもできリライトが効率的にできますね。

まぁ、これで僕がちゃんとリライトするか?っていう問題はありますけどね(^_^;)

この記事で紹介したリライトの判定基準は僕が「こんな感じかな?」ということで作ってみたものなので、いろいろと調整が必要だと思いますし、ブログやサイトの性質によっても変わってくるものだと思うので、使ってみようかなという方は自分のブログに合わせていろいろと調整してみてください。

この記事を読んだあなたへのおすすめ 初心者ブロガーが収益化で挫折しないために「もしもアフィリエイト」でAmazon・楽天商品の紹介がおすすめ! - 物欲に負けた日

【ブログ運営に便利なChrome拡張機能】ブログにAdSenseを設置しているなら「Google Publisher Toolbar」は必須だ!! - 物欲に負けた日

【ブログ運営に便利なChrome拡張機能】ウェブページに付箋メモを貼り付けられるNote Anywhereでリライトなどのアイデアをペタリ! - 物欲に負けた日