物欲に負けた日

オススメのガジェットや文具のレビュー、育児や仕事、日々のいろいろを書いています。

スマホを落として壊した!画面が割れた!スマホの落下による故障対策について考えてみた

どうも!スマホが壊れたきったんです。

関連記事 外出先でスマホが壊れてめっちゃ困った!いかにスマホに依存して生活しているかを思い知らされました! - 物欲に負けた日

先日スマホが起動しなくなったんです。原因はほぼ間違いなく落としたからです。今年の2月に買ったのでまだ8ヶ月なのですけど、その間に何度も落として3回画面を割っています。完全に自分の責任です(^_^;)

自宅を探したら3年ほど前に使っていたスマホが見つかったのでとりあえずはそれを使っています。うう、新しいスマホ欲しいよー。

スマホが壊れた

しかし、こんなに落としていたら新しいスマホを買ってもすぐに壊してしまいそうなので、落下による故障対策を真剣に考えてみました。

スマホを落とさないための対策

ネックストラップ

ネックストラップを使えばまず落とすことはありません。ちょっとダサいですが、個人的にはダサいとかより実用性です!スマホ大事ですし。

しかし、ネックストラップをつけるとするとスマホの収納場所は基本的に胸ポケットになります。首にストラップをかけてズボンのポケットやカバンに収納するのは無理でしょう。首にかけてブラブラさせとくわけにもいきませんし。

普段スーツや作業服を着る人は問題ないと思いますが、胸ポケットがない服では納まる場所がありません。胸ポケットがあってもシャツのポケットでは最近の大きなスマホは納まりませんしね。

これではネックストラップが使える人はかなり限られると思います。

実際に僕も仕事用に会社から貸与されている携帯にはネックストラップがついているのですが、胸ポケットがない服だったり、ついていてもシャツのポケットでは納まりが悪かったりであまり役に立ちません。

ハンドストラップ

ハンドストラップという方法もあります。手首に掛けておいて不意に落とすのを防いでくれるものですね。最近はスマホが大型化してきて普通に持っているだけでも落としやすいのでいいのかなと思います。

ただ、僕の経験ではスマホを落とすのはカバンやポケットから取り出す瞬間が多い気がします。ハンドストラップはスマホを手に持っている間は有効ですが、使っていない間も常に手首に掛けておくようなものではないので取り出す瞬間に落としたら意味がないですね。

もちろんカバンから取り出すときに先にハンドストラップに手を入れるという対策もできますがかなりめんどうそうです。というか、そこまで気にして扱えたら落としません(^_^;)

僕の嫁ちゃんも以前使っていた時期があるのですが、時間を確認したいとかメールが来たからチェックするとか、ちょっと取出すだけのときにいちいち手首にかけるのがめんどうでただの飾りになってしまってました。

バンカーリング