物欲に負けた日

オススメのガジェットや文具のレビュー、育児や仕事、日々のいろいろを書いています。

ASP7社のITP2.0対応状況をまとめてみた!ASPによって対応状況はかなり開きがあるようです。

どうも!サラリーマン副業ブロガーのきったんです。

先日ITP2.0の影響でアフィリエイト収益が減っちゃうのでは!?という記事を書きました。

関連記事 ITP2.0スタートでアフィリエイト報酬が減っちゃうよ!広告を貼っても発生しなくなる?一体どんな影響があるのか考えてみた - 物欲に負けた日

提携している方も多いAdSense、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトでは特に問題なさそうだけどASPの成果報酬型アフィリエイトでは対応しているものとないものがあるよって話なんですけど、じゃあどこが対応してるのよ?って思いませんか?

ITP対応状況を調査

僕は広告の掲載をしていない(^_^;)ところも含めてわりと多くのASPのアカウントを持っているので会員ページの情報も見られるしちょっとまとめてみたらブログのネタになるかもってことでカンタンに書いてみようと思います。

A8.net

まずは言わずとしれた業界最大級の大手ASP「A8.net」

www.a8.net

公式のスタッフブログでITP2.0への対応状況が説明されています。

従来からITPに対応した広告が提供されていて対応した広告主の案件にはITP対応マークがついています。ITP2.0でも問題なく成果が計測できているということで対応案件であれば安心ですね。

2018年9月26日時点でITP2.0対応プログラム数は4,410件となっています。稼働中のプログラム数は6,329件となっているので2/3以上の案件が対応してることになりますね。

また、特設ページを設置してITP2.0に新たに対応したプログラムを紹介するなどITP2.0対応にかなり力を入れているように見えます。

公式サイト アフィリエイトなら【A8.net】

アクセストレード

ログインしないと確認できない会員ページですがITP2.0への対応情報がありました。

A8.netと同じく以前からITPに対応した広告が提供されていてITP対応マークがついています。そしてITP2.0の環境でも成果が計測できることが確認できているということです。

プログラム検索で見てみたところ2018年9月26日時点で全2,373件中、1,016件と約半分の案件がITP2.0に対応しているようです。

公式サイト あなたのホームページ・メルマガで【広告収入】が!《アクセストレード》

もしもアフィリエイト

Amazon・楽天のアフィリエイトで人気ですね。僕のブログでももしもアフィリエイトとカエレバの組み合わせで使っています。

ITP(2.0含む)対応は広告主ごとに順次実施中です。楽天、AmazonはITP対応完了済みです(連携の仕組み上、過去から問題ございません)。ITP対応完了広告主のご案内表示機能は準備中です。

もしもアフィエイトの公式サイトトップページに上のお知らせが出ていました。とりあえずAmazon・楽天は大丈夫そうで一安心ですね。

ただ、Amazon・楽天以外はまだまだこれからって感じでしょうか。お知らせも9月27日にでたばかりですし。とりあえず対応するとは言ってるのでこれからに期待な感じですね。

公式サイト がんばる個人のための「もしもアフィリエイト」

ちなみにこの記事をアップした時点ではもしもアフィリエイトはなんの情報もないと書いてました。記事を書き始めたのが26日でアップしたのが30日だったのでその間にお知らせが出たようです。ブックマークコメントで教えて頂きました。ありがとうございます。

アフィリエイトB

アフィリエイトBでも以前からITP対応の広告が提供されていてITPマークがついています。このやり方がスタンダードなんですかね。会員ページのお知らせにもITP対応プラグラムであればITP2.0でも問題なしとのことです。

プログラム検索で見てみたところ2018年9月26日時点で全2,672件中、1,832件と多数の案件がITP2.0に対応しているようです。割合でいうとA8.netよりも対応案件が多いですね。

公式サイト 話題のアフィリエイトプログラム afb

バリューコマース

公式ページにITP2.0への対応が発表されています。

【重要】Apple社が発表したITP2.0に関する取り組みについて | お知らせ | ASPのバリューコマース アフィリエイト

バリューコマースではITP2.0への対応を広告主に案内しているということです。また、ITP2.0対応のプログラムがプログラム検索でわかるようにするということですね。

で、実際にログインしてプログラム検索画面を見てみたところすでにITP対応のプログラムに絞って検索できるようになっていました。

ただ、発表を見る限りITPへの対応を広告主に案内したのが今年の9月なのでA8.netなどに比べると遅いですね。バリューコマースはすべての案件を見ることができないのでどれくらいの案件が対応しているのかははっきりわかりませんがまだまだ対応していない案件の方が多そうです。

公式サイト ウェブサイトで収入を得る!バリューコマースなら出来る!

リンクシェア・TGアフィリエイト

リンクシェア・TGアフィリエイトはいずれも楽天グループのASPです。ホームページも統合されていますが、アカウントは別に必要だし別のサービスとして運営されています。買収・統合の結果なんでしょうけどちゃんと統一したほうがわかりやすくて良いんですけどね。

www.linkshare.ne.jp

www.linkshare.ne.jp

どちらも昨年の11月の時点でITPへの対応を発表していますが、ITP2.0については特に新しい情報はなさそうです。ただ、従来のITPに対応していればITP2.0でも大丈夫なはず。。。

リンクシェアの管理画面からプログラムをいくつか確認してみたのですが、そもそもどのプログラムがITPに対応済みかわからない。絞込検索の条件にもITPの項目はないし、アイコンなどで対応済みの表示があるわけでもないのです。どうにかして確認する方法があるのでしょうか。

すべての案件が対応しているというのであればいいのですがそういったお知らせもありません。お知らせの情報では「対応を進めます」というだけなので不安なところですね。

公式サイト アフィリエイトならリンクシェア

まとめ

iPhoneは日本ではダントツのシェアを持っていますし、僕のブログではアクセスの約60%がAppleのデバイス(iPhone・iPad・Mac)ですので、その全てでITP2.0が適用された場合にはITP非対応のアフィリエイト広告では収益が60%減になってしまうかもしれません(T_T)

僕がアカウントを持っているASP全部ではありませんが有名どころのITP対応状況を一通りまとめてみました。大手でも僕がアカウントを持っていないところはログインが必要なページの情報が見られないので対象外です。

こうしてまとめてみるとASPによって対応状況ってけっこうまちまちなんですね。一応どのASPも対応するとは言っているようですが。

同じ広告主でも複数のASPで広告を配信していたりするので今後はITPへの対応に力を入れているASPを優先的に使うことになりそうですね。