物欲に負けた日

怠惰な日々の徒然

コスパ最高!「HUAWEI nova lite」徹底レビュー!格安のSIMフリースマホながらバランスの取れた名スマホでした

f:id:beed:20170304010453j:plain

「HUAWEI nova lite」を実際にメインのスマホとして使用してとても満足しています。早くも2017年コスパ最高のスマホなのでは?と思っています。

関連記事 P9 liteより良コスパ!「HUAWEI nova lite」が届いたので開封&外観レビュー! - 物欲に負けた日

「HUAWEI nova lite」はHUAWEI(ファーウェイ)が2月24日にMVNO限定モデル(格安SIMとのセット売り)として発売したスマホです。価格はMVNOにより異なるものの2万円前後(参考価格19,800円+税)とSIMフリースマホの中でも安価なモデルです。一方で価格に比べスペックは高く、非常にコスパの良いスマホなんですね。

MVNO限定モデルではあるのですが、イオンモバイルやgoo Simsellerを利用すれば単体で購入することも可能です。取り扱ってるMVNOについては以前に記事にしています。

関連記事 「HUAWEI nova lite」がお得に安く買えるのは!?取り扱っているMVNOごとの販売方法や契約プラン、キャンペーンなどの購入情報まとめました! - 物欲に負けた日

先に結論を言うと「HUAWEI nova lite」はコスパ最強です。しばらく実際にメインのスマホとして使ってみましたが、MVNOの取り扱い端末では最安値クラスでありながら特別なこだわりのない普段使いであればまったく不満点のない素晴らしい仕上がりだと思います。

それでは詳細なレビューとまいりましょう。

まずはスペックと外観チェック!

まずは基本的なスペックと外観を紹介します。

基本スペック

P9 lite HUAWEI nova lite
CPU オクタコア2.0GHz×4+1.7GHzx4 Huawei Kirin650 オクタコア2.1GHzx4+1.7GHzx4 Huawei Kirin655
RAM 2GB 3GB
ROM 16GB 16GB
ディスプレイ 5.2インチ 5.2インチ
解像度 1920×1080 1920×1080
カメラ 背面1300万画素(F値2.0)/前面800万画素(F値2.0) 1200万画素(F値2.2)/前面800万画素(F値2.0)
電池容量 3000mAh 3000mAh
サイズ 146.8 x 72.6 x 7.5 mm 147.2 x 72.94 x 7.6mm
重さ 147グラム 147グラム
OS Android 6.0 Android 7.0

「HUAWEI nova lite」は同じくHUWAEIが発売し、2016年大ヒットしたSIMフリースマホP9 liteのスペックにかなり近いです。CPUとRAMを強化し、カメラ性能を若干落としているものの、その分価格も控えめにしたといった感じでしょうか。

個人的にはRAMが2GBから3GBに強化されているのはかなり性能に効いてくるのでは?と思っています。もともとP9 liteも価格に比べサクサク動くと評判の良いスマホでしたが、CPUとRAMが強化されたことでさらに気持ちよく使えるのではないでしょうか。

あとで紹介しますが、カメラ性能については落としたと言ってもこの価格帯のスマホにしては十分レベルが高いと思います。

OSが最新のAndroid7.0になっているのも新しいもの好きの僕としては嬉しいですね。せっかく新しいスマホを買うのなら最新のOSを使ってみたいですよね。

ベンチマークテストを確認

スマホのベンチマークアプリでは有名どこのAnTuTu Benchmarkでテストをしてみました。バーションはv6.2.7です。購入時からアプリをインストールしたりしてますがテスト時はすべてダウンさせています。

f:id:beed:20170305231638j:plain

結果は「57736」とこの価格帯のスマホではかなり良好な数字ではないでしょうか。

zenfone3-asus-wiki.fxtec.info

こちらのサイト様の記事を参考にさせていただくと、同価格のZenFone 3 Maxより17,000ポイントも高く、P9 liteと比較しても4,000ポイントほどアップしています。

外観チェック

本体のデザインもなかなか良好で最安値クラスのスマホとは思えない出来栄えです。デザインは好みですが少なくとも安っぽさはないです。iPhoneに似ているという声もあるようですね。

カラーはゴールド・ホワイト・ブラックの3種類がありますが、僕が購入したのはゴールドです。なのでこれ以降の写真はすべてゴールドのものです。

f:id:beed:20170305230840j:plain

正面のデザインはなんとなくiPhone7っぽいですね。全面がガラスっぽい素材でできています。

f:id:beed:20170305230929j:plain

裏面はこんな感じ。こちらも全面と同じくガラス系の素材です。中央の上の方についているのが指紋認証のセンサーです。なんだかiPhoneのホームボタンに似たデザインです。

f:id:beed:20170305231150j:plain

f:id:beed:20170305231146j:plain

側面を見ると本体がラウンドデザインになっていることがわかります。側面はメタル系の素材です。

このラウンドしたデザインのおかげで持ちやすいですね。

右側にはボリュームと電源のボタン、左側にはSIMスロットが配置されています。物理キーはボリュームと電源だけです。

f:id:beed:20170305231314j:plain

f:id:beed:20170305231318j:plain

上にはイヤホンジャック、下側にはUSB端子です。USB端子はmicro-Bです。

実際の使い心地や機能面は?

では実際の使い心地について書いていきましょう。

動作はサクサクキビキビ

f:id:beed:20170305231356j:plain

ブラウザ(Chrome)でサイト閲覧やメール、LINE、TwitterなどのSNSといった普段使いのアプリで動作が遅いということはまったくありません。日本語入力が引っかかったり、起動が遅いと言ったことも感じませんでした。

ディスプレイはフルHD(1920×1080)ということで映像もきれいですね。

一般のユーザーであればこの性能なら使い心地で不満に思うことはないレベルだと思いますね。

3Dゲームの性能は?

スマホの性能差が出やすいのは3Dゲームですね。2万円のスマホでゴリゴリの3Dゲームをするってのはちょっと無理がある気がしますが、どれくらいできるのかチェックしてみました。

今回は「World of Tanks Blitz」で実験です。

やはり3D性能は厳しいものがありますね。ジャギが入ったり、画像では伝えられませんがどうしても引っかかりがあります。

「World of Tanks Blitz」は重い3Dなので、2Dのゲームや3Dでも軽めのものならプレイできる範囲ではあります。

この価格帯で3Dゲームがバリバリやれるスマホは他にもありませんので仕方ないですね。3Dゲームをバリバリやりたいならやっぱりそれなりのハイスペックスマホじゃないと厳しいということですね。

micro SDは必須?

ストレージ容量が16GBしかないので写真や動画、アプリを保存していくとすぐに容量が足りなくなると思われます。個人的にはあまりデータを本体に保存しないので不要ですが、実質保存できるデータは7GBくらいしかないのでちょっと厳しいですね。

まぁ、これはmicroSDを購入すれば済む話なので容量が足りない場合はmicroSDカードを使いましょう。

SIMスロットにはnanoSIM×2入るけど。。。

「HUAWEI nova lite」のSIMスロットにはnanoSIMを2枚入れることができます。でも、2枚同時に入れても1枚をメインにすると2枚目は2G(日本では使えない通信方式)しか有効にならないので使い物になりません。

SIMスロットの2つ目はmicroSDと兼用になっていますし、上でも書いたとおりストレージ少なめなのでおとなしくmicroSDを入れておくところでしょうね。

カメラ性能をチェック

安いスマホではカメラ性能が悪いケースも多いですが、「HUAWEI nova lite」は発売時からカメラ性能についても発表されていてなかなかの力の入れ具合のようです。

f:id:beed:20170305231758j:plain

とりあえずデフォルトで撮影してみたところこんな感じでした。悪くない移りですよね。

f:id:beed:20170305231913j:plain

カメラの設定も豊富なのでうまく設定するともっといい感じに撮れるのでしょうけど、僕はそのへんはあまりセンスと知識がないのでよくわかりません。

HUAWEIのカメラは以前から評判が良く、余程カメラ性能にこだわりがない限り他のスマホと比べて質が悪いと思うことはないレベルです。

ただ、ハード的な問題かソフト的な問題かわかりませんがカメラの起動はちょっと遅いかなって思いました。3〜5秒くらいかかっている気がします。ここはちょっと残念!

指紋認証は快適!

f:id:beed:20170305231505j:plain

外観チェックのところで触れましたが、指紋認証のセンサーは背面に付いているタイプです。片手でスマホを使っているときなんか便利な位置ですよね。逆に机に置いたりスタンドに立てた状態で指紋認証を利用しようとすると一旦持ち上げないといけないのがこの位置の欠点です。一般的には便利な位置だと思います。

指紋認証の精度はかなり高いですし、速度も早いですね。触れた瞬間に認証が済んでしまうくらいの感覚です。これは快適です。

バッテリー持ちも良好

「HUAWEI nova lite」のバッテリー容量は3,000mAhですが、スペックが控えめということもあり、バッテリー持ちは良好です。

僕は毎日の通勤で2時間+昼休み&勤務中の移動時間、その他で毎日それなりにスマホを使っているユーザーだと思います。それで1日使ってみて大体50%くらいバッテリーが残っています。

ほとんどの用途でモバイルバッテリー無しでも1日持ちそうな感じですね。

GPS性能も問題なし

格安のスマホの中にはGPS性能が悪く、ナビなどを使っているときに場所がぶれたりすることがありますが、nova liteに関しては特に問題ないです。

僕は仕事柄、移動が多いのでGoogleマップのナビ機能をよく使うのですが、まったく違和感なく使えています。

ジャイロセンサ−のかわりに仮想ジャイロ搭載

nova liteはスマホ本体の傾きを計測するジャイロセンサーが搭載されていません。その代わり他のセンサからの情報を組み合わせ、仮想的にジャイロセンサの機能を実現しています。

精度的には本物のジャイロセンサに劣るのは間違いないですが、一般的なユーザーであれば問題ないレベルかなって感じですね。

まとめ

「HUAWEI nova lite」は3Dゲームをバリバリやるような方でなければほとんど不満点がないバランスのとれたスマホです。価格もMVNOの取り扱い端末では最安値クラスの良コスパスマホですね。

個人的には最新機種でDSDS未対応とUSB端子がtype-Cじゃないことが残念ですが、一般的な用途では特に困ることは少ないところなので価格を抑えるために切り捨てる内容としてはバランスが取れているなぁと感じます。

2017年中にこれ以上コスパの良いスマホは出てこないのではないかと思うようなスゴいスマホですね。あくまでエントリー機種なので、ハイエンド機やDSDS対応機などこだわりがある方には向きませんが、一般的な用途であればこれ以上の選択はない気がします。

MVNO専用モデルということで入手性がちょっと悪いかもしれませんが、単体で購入できるところもあります。これから格安SIMに乗り換える方の買い替えスマホとしてもおすすめですね。

関連記事 「HUAWEI nova lite」がお得に安く買えるのは!?取り扱っているMVNOごとの販売方法や契約プラン、キャンペーンなどの購入情報まとめました! - 物欲に負けた日

以前「HUAWEI nova lite」と同じ19,800円+税で販売されていた「gooのスマホ g07」を最高コスパスマホとして紹介しましたが、「HUAWEI nova lite」の登場で早くも最強コスパの座を明け渡したかなって感じです。ただ、g07はDSDS対応などg07のメリットもありますからね。

関連記事 「gooのスマホ g07」レビュー!1万円代でオクタコア・3GBRAM・フルHDで指紋認証&DSDS対応!たぶんコスパ最強のSIMフリースマホ - 物欲に負けた日

まぁでもコスパ最強スマホは「HUAWEI nova lite」で決まりですね。