物欲に負けた日

オススメのガジェットや文具のレビュー、育児や仕事、日々のいろいろを書いています。

「HUAWEI nova lite」がお得に安く買えるのは!?取り扱っているMVNOごとの販売方法や契約プラン、キャンペーン、単体購入などの購入情報まとめました!

f:id:beed:20170226220738j:plain

2月24日にHuaweiが発売した最新の高コスパスマホ「HUAWEI nova lite」。実売価格約2万円という低価格ながらオクタコアのCPUに3GBメモリ、最新のAndroid7.0搭載とかなり魅力的なスマホなんです!もちろん僕も購入しました!

2016年もっとも売れたと言われるSIMフリースマホ「P9 lite」をさらに進化させたうえ価格も安いと、2017年のSIMフリースマホの大本命ですね。

HUWAIからはさらにP10が発売されましたが基本スペックはほぼ同じと見て良いと思われます。

nova liteは僕もメインのスマホとして利用していますが、かなり使いやすいしバランスの取れた素晴らしいできのスマホです!気になる方はレビュー記事も書いていますので参考にどうぞ!

関連記事 P9 liteより良コスパ!「HUAWEI nova lite」が届いたので開封&外観レビュー! - 物欲に負けた日

コスパ最高!「HUAWEI nova lite」徹底レビュー!格安のSIMフリースマホながらバランスの取れた名スマホでした - 物欲に負けた日

「HUAWEI nova lite」はMVNO専用モデルということで単体販売はされないということになっていますが、Amazonで取り扱いがあります。後の項目で単体購入についての情報もしっかり説明します!

原則は格安SIMとのセット販売です。もちろん人気のある主要な格安SIMはそろっているのですが、各社の契約プランやキャンペーン等もあるのでそれも考える必要があります。組み合わせる格安SIMの契約プランも合わせてお得で満足できるところを選ぶ必要がありますよね。

そんなわけで、「HUAWEI nova lite」の購入方法、取り扱っているMVNOごとの販売方法や契約プラン、キャンペーンを紹介します。

「HUAWEI nova lite」を取り扱っているMVNOは?

「HUAWEI nova lite」を販売するMVNOは現在5社あります。

  • IIJmio

  • NifMo

  • Biglobe

  • LINEモバイル

  • 楽天モバイル

とうわけで、この5社の特徴などを説明していきます!

単体で購入する方法

まずは契約無しで単体で購入できる方法を紹介したいと思います。nova liteはMVNO専用モデルなので家電量販店などで販売されていませんが、単体で販売しているMVNOもあるんですね。

以前はイオンモバイルとgoo SimSeller(OCNモバイルONE)の2社が単体販売をしていましたが現在は取り扱いがないようです。現在はAmazonで取り扱いがありますが販売元はgoo SimSellerです。

MVNOごとの販売方法や契約プラン、キャンペーン

「HUAWEI nova lite」は原則各MVNOの格安SIM(回線の契約)とセットです。ということで、nova liteを取り扱っているMVNOのプランや販売価格を紹介したいと思います。

契約プランについてはドコモ系とau系の両方が用意されているMVNOとドコモ系だけのMVNOがありますが、「HUAWEI nova lite」はau系に対応していないし、基本的にドコモ系の方がメジャーで使いやすいのでドコモ系のプランだけの紹介にします。

さらに比較しやすいように2年間の実質料金も簡単に試算してみますので参考にしてみてください。試算では一般的に一番オススメのプランであると思われる音声通話付データ通信3GBのプラン(3GBがない場合はそのすぐ上のプラン)との組み合わせで考えています。

なお、利用料金はすべて音声通話の通話料、オプション料金を含まず、税抜きの金額です。

IIJmio

IIJmio

IIJmioはインターネット通信の老舗で格安SIMのサービスでも多くのMVNOのバックボーンを担っている会社です。安心して長く使えそうなMVNOですね。

容量の翌月繰り越しや低速時でも読み込みはじめの数秒間は高速になり快適に使えるバースト機能など基本機能が充実しています。全プランが複数SIMに対応しているのでタブレットなど複数の端末で使ったり家族でシェアしたりすることもできます。

販売価格:【一括】19,800円 【分割】20,400円(850円×24回)

キャンペーン:400円×12ヶ月(合計4,800円)の料金割引(2017年3月31日まで)

IIJmioでは本体の割引はなく定価販売のみです。一括払いと24回分割払いが選択できますが、24回払いの場合ちょっと高くなります。

本体の割引はありませんが、400円×12ヶ月(合計4,800円)の料金割引がありますのでそれが割引といえば割引ですね。

契約プラン

データ専用 音声通話付
3BG 900円 1,600円
6GB 1,520円 2,220円
10GB 2,560円 3,260円

※SMS付はデータ専用SIM+140円

2年間料金シミュレーション

IIJmioで本体を24回払いで購入し音声通話付3GBのプランとセットで契約した場合の月額料金は2,450円となります。IIJの公式ウェブサイトから申し込んだ場合1年間月額400円の割引があります。

契約手数料3,000円+(月額2,450円×24ヶ月)ー(400円×12ヶ月)=57,000円

2年間の利用料金 57,000円

公式サイト IIJmio(みおふぉん)

NifMo

インターネットプロバイダ大手のニフティの運営する格安SIMですね。2年連続でオリコンの格安SIM顧客満足度1位を獲得しているサービスです。

専用のアプリ経由でネットショッピングをするとスマホの使用料金が割引になるなど付加サービスが充実しているのが特徴です。

販売価格:【一括】18,889円 【分割】18,889円(1,575円×12回)

キャンペーン:格安SIMとのセットで最大20,100円キャッシュバック

最大20,000円のキャッシュバックということで実質0円以下ですね。キャッシュバックの金額はプランによりますが、音声通話付3GBのプランでも10,100円と十分高額です。本体価格も安いですし、価格面ではかなりお得ですね。

ちなみにキャンペーンサイトからの申込みでないとキャッシュバックを受けられないので要注意です!申込時は上のバナーをクリックするとキャッシュバックが受けられるキャンペーンサイトになります。

契約プラン

データ専用 音声通話付
3BG 900円 1,600円
7BG 1,600円 2,300円
13BG 2,800円 3,500円

※SMS付はデータ専用SIM+150円

2年間料金シミュレーション

キャッシュバックが大きいのが特徴なのでキャッシュバックは確実に受け取りましょう。

契約手数料3,000円+本体代18,889円+(月額料金1,600円×24ヶ月)ーキャッシュバック10,100円=50,189円

2年間の利用料金 50,189円

公式サイト NifMo

Biglobe

「BIGLOBE SIM」は、顧客満足度No.1★

インターネットプロバイダ大手のBiglobeの運営する格安SIMですね。

プランは小容量なものから大容量まで用意されていますが、大容量のプランでメリットが大きくなっており、特にデータ容量を気にせず動画や音楽が楽しめるエンタメフリーオプションは特徴的です。

YouTubeなどの動画をよく見るヘビーユーザーにおすすめの格安SIMですね。

販売価格:【一括】なし 【分割】20,880円(870円×24回)

キャンペーン:音声通話SIN3GB以上のプランとセットで10,000円キャッシュバック

       音声通話付6GB以上のプランとセットで6か月間の利用料金毎月最大1,000円値引き

       データ通信専用6GB以上のプランとセットで6ヶ月間の利用料金最大500円値引き

       対象スマホ(nova lite含む)と3GB以上のプランセットで6ヶ月間の利用料金500円値引きのクーポン有

Biglobeは10,000円と高額のキャッシュバックと月額料金の割引があり、料金面でかなりお得になっています。

契約プラン

データ専用 音声通話付
1GB 1,400円
3BG 900円 1,600円
6BG 1,450円 2,150円
12BG 2,700円 3,400円

※さらにデータ容量の大きいもあります。 ※SMS付はデータ専用SIM+120円

2年間料金シミュレーション

キャッシュバックなどのキャンペーンが豊富ですので良く確認する必要がありますね。

契約手数料3,394円+(本体代870円×24ヶ月)+(月額料金1,600円×24ヶ月)ー(月額料金値引500円×6ヶ月)ーキャッシュバック10,000円=49,674円

2年間の利用料金 49,674円

公式サイト 【BIGLOBEスマホ】 毎月1,000円×6カ月間、値引きでオトクにお使いいただける特典実施中!

LINEモバイル

LINEアプリを運営するLINE系列のMVNOです。もちろんLINEとの連携は抜群!格安SIMでは唯一LINEの年齢認証が可能になっている他、LINEやSNSで使用するデータ通信はデータ通信量がカウントされないなどのメリットがあります。

LINEモバイルもサブで使用しているのですが、SNSのデータ通信量がカウントされないのはかなりメリットが大きいですね。

関連記事 【格安SIM】LINEモバイルを契約してみた!カウントフリーやLINEの年齢認証など独自の機能もいい感じ! - 物欲に負けた日

販売価格:【一括】19,900円 【分割】なし

キャンペーン:音声通話付きのプランで月額基本利用料3ヶ月無料(2017年3月31日まで)

LINEモバイルは特に本体割引きはありません。音声通話SIMを新規契約をすると3ヶ月基本利用料が無料になるキャンペーン中です。

契約プラン

LINEフリープラン

容量 データ通信専用 SMS対応 音声通話付
1GB 500円/月 620円/月 1,200円/月

コミュニケーションフリープラン

容量 データ通信専用 SMS対応 音声通話付
3GB なし 1,110円/月 1,690円/月
5GB なし 1,640円/月 2,220円/月
7GB なし 2,300円/月 2,880円/月
10GB なし 2,640円/月 3,220円/月

2年間料金シミュレーション

キャンペーンで利用料金3ヶ月無料というのがありますが、初月は他のMVNOでも無料だったり日割なので実質2ヶ月と考えた方が良いです。

契約手数料3,400円+本体代19,900円+(月額料金1,690円×24ヶ月)ー(月額料金値引1,690円×2ヶ月)=60,480円

2年間の利用料金 60,480円

公式サイト LINEモバイル公式サイトへ

楽天モバイル

楽天が運営する格安SIMで、ここがスゴい!という機能はないものの基本的な機能はしっかりと抑えていて使いやすいのではないでしょうか。

価格面では楽天スーパーポイントがもらえたり、楽天ポイントで使用料金の支払いができるなど楽天のサービスを利用することが多い方にはお得な仕組みになっています。

販売価格:【一括】21,800円 【分割】21,800円(908円×24回)

キャンペーン:「HUAWEI nova lite」購入時2,000円割引

楽天モバイルでは2,000円割引きとありますが、割引後の価格が19,800円なのでぜんぜん安くないですね。

契約プラン

データ専用 音声通話付
ベーシック 525円 1,250円
3.1GB 900円 1,600円
5GB 1,450円 2,150円
10BG 2,260円 2,960円

※さらにデータ容量の大きいもあります。 ※SMS付はデータ専用SIM+120円

2年間料金シミュレーション

契約手数料3,394円+本体代19,800円+(月額料金1,600円×24ヶ月)=61,594円

2年間の利用料金 61,594円

公式サイト 楽天モバイルならスマホの料金が超お得!

まとめ

「HUAWEI nova lite」はかなり良いスマホです。MVNO限定モデルだからこそのコスパですね。でもその分MVNOのプランやキャンペーンも一緒に検討する必要があるのでよく考えて購入する必要がありますね。

僕はメインで使っている格安SIMであるDMMモバイルの端末追加購入サービスを利用してサクッと注文したのですが、これから格安SIMに乗り換える方はどこ格安SIMにする方は格安SIMのプランもしっかり比較してお得なプランを選択したいところですね。

関連記事 コスパ良好、期待大のスマホ「HUAWEI nova lite」が販売開始!最安値はgoo Simseller、衝撃の1万4800円! - 物欲に負けた日

P9 liteより良コスパ!「HUAWEI nova lite」が届いたので開封&外観レビュー! - 物欲に負けた日

コスパ最高!「HUAWEI nova lite」徹底レビュー!格安のSIMフリースマホながらバランスの取れた名スマホでした - 物欲に負けた日