読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲に負けた日

怠惰な日々の徒然

【おすすめ格安SIM】スマホの料金が月1000円に!!格安SIM歴約2年の僕がDMMモバイルをおすすめする理由を説明する

f:id:beed:20161207003145j:plain

スマホの月額料金って高いですよね。月7,000円くらいでしょうか?1人7,000円だとして家族ならいくらだよ!?って感じじゃないですか。4人家族で1人1台ずつ持ったらそれだけで28,000円です。もちろんプランを工夫すればもうちょっと安くなるんでしょうけど、それでも高いです。。。でもスマホはやっぱり必需品です。

僕が初めて携帯電話を契約した15年前はまだスマホなんて聞いたこともなくて、いわゆるガラケーでした。それがスマホになって、マジ便利!もう手放せない!って思ってるんですけど、その分料金もガツッと上がっちゃいましたよね。

そこで注目なのが格安SIMです。やっぱり格安SIMは安い!なにせ格安ですからね。僕もSoftBankから格安SIMに乗り換えて現在は月1,500円くらいです。乗り換え前はやっぱり7,000円くらいだったのでめちゃくちゃ安いですね。サービス内容も不満無いですし、大満足です。

というわけで、今更ですが格安SIMはマジオススメです!

でも、格安SIMもサービスを提供している会社が多くなりすぎだし、興味あるけどどれを選べばよくわからないって方も多いのではないでしょうか?

そんな方に僕がおすすめしているのがDMMモバイルの格安SIMなんです!もうすぐでDMMモバイルを使い始めて2年くらいになるんですが、価格もサービス内容も大満足してるんです。

というわけで、DMMモバイルのご紹介なんですけども、四の五の言わずに詳細を見たいって方のためにとりあえず公式サイトのリンクです。

公式サイト 申し込みはこちらから 格安スマホなら!DMMモバイル

では、DMMモバイルをもっと知りたいって方はここからぜひ読んでみてください!

格安SIM・格安スマホでどれくらい安くなる?

ドコモ・ソフトバンク・auをのスマホを使っている方は自分が毎月いくら払っているのかぜひ考えて見て欲しいです!

参考までに一般的なスマホの料金見てみましょう。

f:id:beed:20170109003533j:plain

画像出典:料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」 | 料金・割引 | NTTドコモ

例えばドコモの一般的な料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」でスマホを1台契約した場合の料金です。「カケホーダイ&パケあえる」でもいくつかプランがありますが、一番安いカケホーダイ+データSパック(2GB)でも月額6,500円もしますね。

※10年以上使っていればカケホーダイライト+データMパック(5GB)が月額6,500円、さらに15年以上使えばもっと安く使えますが、格安SIMには及びません。

かなり高いです。しかも、データ通信2GBで足りるんでしょうか?もし月の途中で使いきってしまったら。。。YouTubeはもちろん見られませんし、LINEも遅くて使い物にならなくなっちゃいますよね。結局もっと高いプランに入るしかないです。。。

これが格安SIMならなんと月1,000円代で問題なく使えちゃいます!大体5,000円は安くなります!すごいですね!

DMMモバイルのここが凄い!

それでは料金が安い格安SIMの中でも特にDMMモバイルのなにがいいのか説明します!

料金プランが安いしわかりやすい!

せっかくの格安SIMなんだから、なるべく安い方がいいですよね!まずはDMMモバイルの料金プランを見て欲しいです。

f:id:beed:20161207003505j:plain

f:id:beed:20161207003511j:plain

どーですか?プランの一覧は上の画像の通りなんですが、すごくわかりやすくないですか?音声通話の有り無しと月のデータ通信量を選ぶだけです。しかも安い。

音声通話ができないデータプランで440円〜、音声通話付きで1,140円〜とドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアのスマホしか知らない人からするとびっくりするくらい安いですよね。

データ通信の容量はだいたい2GBか3GBが人気のようです。音声通話付きの3GBで1,500円です。大手キャリアのちょっと前の標準的なプランで7GBが主流だったので、それに合わせても2,560円。DMMモバイルはとにかく安いってことがわかりますね。

ちなみにDMMモバイルは格安SIMの中でも安いです。僕が契約した頃のDMMモバイルは業界最安値で、他の格安SIMが値下げしてきたら対抗値下げをする徹底した最安値の格安SIMでした。

今は格安SIMを提供するMVNOも増えてきたので同価格帯のモノも出てきましたけど、それでも最安の価格帯で勝負しています。もうこの辺の価格帯になると月額10円とか20円とかのレベルの違いなので、価格より使い勝手を気にした方が良いレベルになってますね。

スマホ本体セットも豊富で使いやすい

格安SIMを使いはじめる時に心配なのは手続きが面倒じゃないかとか、設定が難しくないかとかですよね。

そういう時に便利なのが格安SIMとスマホのセットです。

今までドコモとかの大手でスマホを契約する場合、スマホ本体もセットで購入することが多くて、そもそもSIMってなに?って方が多いと思います。SIMってのはスマホの契約情報が入ったICチップみたいなものだと思っておけばOKだと思います。格安SIMを使う場合、自分でスマホを用意してSIMを差し込んで使うってことが多いんですが、SIMロックとか通信規格が合わないとかで使えないこともたまにあるんですね。初めてだと不安ですよね。

※DMMモバイルはドコモの回線を利用しているので、ドコモで購入したスマホなら設定さえちゃんとできればほとんどのスマホは使えます。

DMMモバイルと契約するときにスマホもセットで買っちゃえば問題はまずないし、ドコモとかの大手キャリアと同じように24回払いで月々の通信料と一緒に払えちゃうのでらくらくですね。

DMMモバイルはスマホの品揃えも豊富で月々1,000円台から買えるスマホからハイスペックスマホまで揃っているので使い方に合わせて選ぶことができます。

ちなみに新たにスマホを買うのであれば「HUAWEI nova lite」がおすすめですね。MVNOの扱っているスマホとしては最安クラスながらCPUはオクタコア、RAMは3GBとスペックも高いし完成度も高いし、スゴく良いスマホです。

関連記事 コスパ最高!格安のSIMフリースマホながらバランスの取れた名機「HUAWEI nova lite」をレビューしてみた! - 物欲に負けた日

P9 liteより良コスパ!「HUAWEI nova lite」が届いたので開封&外観レビュー! - 物欲に負けた日

さらに最近は追加購入にも対応したので機種変更したくなった時もバッチリです!

データ容量の持ち越しとプラン変更で無駄なく使える!

DMMモバイルではデータ容量が余ると翌月に持ち越しができます。さらにプラン変更も自由なのでたくさん余りそうだったら来月はデータ容量を少なめに変更したりと無駄なく運用できるんですね。

格安SIMにするときに悩むのがデータ容量はどれくらいにしたらいいのか?ってことだと思うんですが、DMMモバイルならプラン変更が自由なので安心です。

専用アプリで高速通信のON/OFF

DMMモバイルには専用のスマホアプリがあって高速通信のON/OFFが手軽にできるんですね。LINEとかテキストベースの通信は高速通信がOFFでも普通に使えちゃいますし、普段はOFFにしておいてネットを使う時だけONにするのもアリですね。

こまめに切り替えるのはめんどくさいですけど、うまくやると更に安く格安SIMが使えますね。

バースト機能で低速時も快適

DMMモバイルにはバースト機能って機能がついてるんですね。バースト機能ってのがどういうものかっていうとですね。低速通信時でも快適にネットが使える機能なんです。これがいいんですよ。

動画をいっぱい見たりしてデータ通信容量を使い切ると速度制限がかかって遅くなっちゃいますよね。これは辛いです。ドコモとか大手キャリアのスマホを使っていて制限がかかった経験のある方はわかると思いますが、もう全く使いものにならないですよね。

でもDMMモバイルならバースト機能のおかげで低速時でもかなり快適に使えます。専用アプリで高速通信をOFFにした時も同じですね。

簡単にいうと、低速時でも通信が始まる最初の数秒だけ数Mbpsの高速通信ができるんですね。ブラウザでサイトを読み込むと毎回読み込みはじめは数Mbps出るんです。そうするとテキストベースのサイトは高速通信と同じくらいサクッと表示されます。

僕は動画もあまりみないし高速通信なしでも全く問題なく使えちゃったので高速通信なしのライトプランを使ってた期間もあるくらいです。高速通信つけても数百円しか違わないので今は3GBプランにしてますけどね。

ちなみにライトプランを使っていた頃にバースト機能がどれだけ凄いか書いたのが下の記事です。

関連記事 DMMモバイルのライトプランはどれくらい使える?実際に低速回線(バースト機能付)でどれだけやれるか解説する! - 物欲に負けた日

DMMモバイルのここに注意!

DMMモバイルというか、格安SIM共通のデメリットになっちゃいますけど、大手キャリアから乗り換えるなら気をつけないといけないこともあります。

通話料金が高い!

今や大手キャリアはかけ放題が基本です。通話をよく利用するユーザーにはお得ですよね。

でも、格安SIMでは30秒20円が基本です。なので通話をよく利用すると大手キャリアより料金が高くなる可能性もあるんですよね。これを解決するために格安SIMのスマホと大手キャリアのガラケーの2台持ちなんて人もいるようです。

でも、LINEなんかの無料アプリを使ってタダで音声通話できますし、音声通話を使わなくてもあまり困らない人も多いと思います。

この辺は使い方ですね。自営業とか、電話をよくかける事情があるのであれば格安SIMはあまり向いてないかもしれません。

通信速度が遅い

格安SIMは大手キャリア(主にドコモ)の回線を又貸しして運営されてるんですね。なので、大本の大手キャリアと通信エリアなどは同じです。

でも、通信速度に関しては大手キャリアより遅いことが多いです。それも運営している会社によって違います。なので、どこの格安SIMが早いとか遅いとか評判になるんですね。

僕はDMMモバイルを使い始めてもうすぐ2年ですが、通信速度で不満に思ったことは今のところないですね。あまりハードな使い方をしていないだけかもしれませんけど。

サポートが薄い

格安SIMのサポートはネットと電話のみです。実店舗がないですからね。最近は店舗を出している格安SIMもありますが、いずれにしても大手キャリアに比べるとサポートが薄いことは否めません。それに設定などもある程度自分でできる必要があったりもします。

個人的には大手キャリアの店舗は待ち時間ばかり長くて嫌いだし、説明書通りに設定するくらいなら特に困ることもないので不満はありませんけどね。

まとめ

というわけで、DMMモバイルのご紹介記事でした。

僕自身は4社ほど格安SIMを使いましたがDMMモバイルに落ち着きました。安いし不満も少ないいい格安SIMですね。

さらに詳細を知りたい方は下のリンクから公式サイトを見てみてください!

公式サイト 申し込みはこちらから

格安スマホなら!DMMモバイル

DMMモバイルもおすすめですが、最近はDMMモバイルと一緒にLINEモバイルも使っています。DMMよりちょっと高いですが、LINEやTwitterなどのSNSが使い放題でこちらもなかなかおすすめです。

関連記事 【格安SIM】LINEモバイルを契約してみた!カウントフリーやLINEの年齢認証など独自の機能もいい感じ! - 物欲に負けた日