読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲に負けた日

怠惰な日々の徒然

Googleアカウントを守るためにこれだけはやっておこう!セキュリティ診断と2段階認証の設定

インターネットの話 インターネットの話-ネットサービスの話

f:id:beed:20160617234321j:plain

アカウントの乗っ取りって恐ろしいですよね。最近はなんでもネットでできますからね。SNSのアカウント乗っ取りみたいなのから、ネットバンキングやクレジットカードの乗っ取りといったことまで起こり得るわけです。

なんでアカウントのパスワードやセキュリティ設定の管理は超重要ですよね。といいつつ僕も最近までめっちゃ適当にしてましたけどね。なんでガッツリ見直し中なんです。

今日はGoogleアカウントのセキュリティ設定について書きますよ!

Googleアカウントの乗っ取りが一番怖い

アカウント乗っ取りで一番怖いのはGoogleアカウントの乗っ取りです。

関連記事 アカウント乗っ取りが心配だけど、複雑なパスワードはめんどくさい!Chrome(Googleアカウント)でのパスワード管理を見直してみた! - 物欲に負けた日

先日パスワードの管理をGoogleアカウントに任せているって記事を書きました。ネットのパスワードだけでなく、スマホもAndroidですし、Chromebookを買ったこともあって、普段使うデバイスも含めてGoogleアカウントにベッタリの状態です。これでGoogleアカウントを乗っ取られでもしたら、やりたい放題にされてしまいます。だってChromeのアクセス履歴やブックマークから、使っているWebサービスの種類がまるわかりになるうえ、パスワードまで保管してるわけですからね。

なので、Googleアカウントのセキュリティは超重要です。たぶん僕と同じような状況の方も多いと思います。

Googleアカウントを守ろう!

ではGoogleアカウントを守るためには何をすればいいんでしょうか?僕がやったのは2つあります。

  1. 不正アクセスされてないか確認する!

  2. 不正アクセスされないように2段階認証を設定!

この2つをやっておけばかなり安全度は上がると思います。

不正アクセスされていないか確認する

Googleアカウントの端末のアクティビティと通知で最近行ったセキュリティ設定の変更や、Googleアカウントを使用した端末を確認することができます。要するに自分がやってない設定変更や自分が持っていないスマホやパソコンからログインがあるとおかしいなってわかるってことですね。

また、通知の設定をちゃんとしておけばセキュリティ設定の変更や新しいログインがメールやMMSで通知されます。特にログインの通知は重要ですね。もしパスワードがバレて誰かが勝手にログインしたとしても、普段使っているスマホやパソコン以外からのアクセスが通知されるのですぐにわかりますからね。

まずGoogleアカウントにアクセスしてセキュリティ診断をしましょう!

Sign in - Google Accounts

f:id:beed:20160617225546j:plain

Googleアカウントにログインしたらセキュリティ診断を行います。

f:id:beed:20160617225654j:plain

まず、アカウント復旧情報の追加です。メールアドレスが登録されているはずです。予備の電話番号も追加しておくことをおすすめします。電話番号を追加をクリックします。

f:id:beed:20160617225924j:plain

電話番号を入力し、確認をクリックします。その後コードを送るをクリックするとコードが送ってきます。

f:id:beed:20160617230208j:plain

コードがMMSで届くので入力し、確認をクリック。

f:id:beed:20160617230220j:plain

アラートを受け取るにチェックが入っていることを確認して次へをクリック。これで電話番号の追加はOKです。もしなにか怪しいことがあればMMSで通知が来るようになりました。

f:id:beed:20160617230455j:plain

次に接続されている端末の確認をします。僕の場合はChromeOSのパソコン1台とFreetellのスマホ1台からアクセスされていることがわかります。特に怪しいアクセスはないようなので、問題ありませんをクリックし、セキュリティ診断を完了します。

2段階認証を設定する

2段階認証というのは、ログインするときにパスワードだけでなく、その都度送られてくるコードが必要になる方式です。Googleアカウントに携帯電話やスマホの電話番号を登録し、2段階認証の設定をしておくと、ログインのしようとしたときにSMSでコードが送られてきます。

そうするともしパスワードがバレたとしても、2段階認証を突破できないので不正アクセスの心配はグッと少なくなりますよね。

もちろん、2段階認証に登録した携帯電話を持ち歩いてないとコードが確認できないので自分でもログインできないってことになっちゃいますけどね。でも携帯は基本持っているはずなので特に問題ないでしょう。

では、2段階認証の設定方法です。

Google 2 段階認証プロセス

上のリンクからアクセスして使ってみるをクリックし、Googleアカウントでログインします。

f:id:beed:20160617232322j:plain

まず、開始をクリックします。

f:id:beed:20160617232406j:plain

パスワードの再確認を求められるので入力して進みます。

f:id:beed:20160617232451j:plain

電話番号を入力し、コードの取得方法を選択して次へをクリックします。コードの取得方法はテキストメッセージが簡単でいいです。

f:id:beed:20160617232616j:plain

携帯電話にコードが送られてきますので入力して次へをクリックします。

f:id:beed:20160617232715j:plain

最後にオンにするをクリックすると2段階認証が有効になります。

簡単ですよね。これで2段階認証が有効になったので、Googleアカウントにログインしようとすると、その都度携帯電話にコードが送られてくるようになりました。

まとめ

Googleアカウントの乗っ取りは恐ろしいですね。セキュリティ診断と2段階認証の設定をまとめて行っても5分もかからないと思うので、ぜひやってみてください。

関連記事 アカウント乗っ取りが心配だけど、複雑なパスワードはめんどくさい!Chrome(Googleアカウント)でのパスワード管理を見直してみた! - 物欲に負けた日

Twitterアカウントの乗っ取りを防ぐ!ログイン認証を設定しよう!あと、信頼性高いアプリ以外は連携しちゃダメっすよ! - 物欲に負けた日