読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲に負けた日

怠惰な日々の徒然

なぜかいきなりAmazonさんからASUSの「Chromebook Flip C100PA」が届いたので開封の義を執り行うなり

今朝、うちの嫁ちゃんがでかけたので娘と二人でお留守番してたらいきなりAmazonさんから僕宛に荷物が届いたんですよ。

f:id:beed:20160612235507j:plain

もしや僕みたいな不人気ブロガーのもとにもほしい物リストから送ってくれる方が!と思ったんですが、よく考えたらほしいものリスト作ったことあるけど公開してませんでしたわ。

んで、この怪しい荷物を開封してみたら、ASUSの「Chromebook Flip C100PA」が入ってたんですね。いつもフログの記事更新はスマホでやっているので入力速度も遅くてとろとろ更新なんですが、今日は新しく手に入れたChromebookから更新しております。キーボードが使えるって快適だぁ!

まぁ、買ってくれたのはどう考えてもうちの嫁ちゃんでしょう。最近僕が物欲しそうにしていたので買ってくれたんだろうと思われます。

嫁ちゃんとの会話

〜〜〜回想中〜〜〜

その日僕はChromebookについてスマホで調べていた。

もうすぐボーナスの時期、小遣い制の僕もちょっとだけ自由なお金が貰えるのだ。そこで僕はブログの執筆環境として以前から欲しかったChromebookについて調べていたのだ。

嫁ちゃん「なにやってるの?」

僕「新しいPCが欲しいんなぁと思って調べてるの。今度の小遣いで買おうと思って」

嫁ちゃん「高いの?」

僕「高いのじゃなくていい。Chromebookってのを考えてるんだけど」

嫁ちゃん「なにそれ?」

僕「カクカクシカジカ」

嫁ちゃん「ふーん、いくらくらいなん?」

僕「条件的に一番よさそうなのはこのChromebook Flipってやつなんだけど、予算オーバーだから、アメリカのAmazonさんから2万以下で買えるのにしようと思って」

嫁ちゃん「よ~わからん」

〜〜〜回想了〜〜〜

やっぱ嫁ちゃんだな!今度ケーキでも買ってこよう!

開けてみよう

というわけで、ふいに手に入ったChromebookに若干テンションが上がっております。入手したばっかですし、レビューとかできませんが、開けた時の感動だけでも今日の日の記録に残しておきたいと思います。

f:id:beed:20160612235620j:plain

梱包はこんな感じです。簡素ですね。Chromebookといえば安価なこともウリのひとつと認識してるので十分です。むしろ気持ちいいくらいです。

f:id:beed:20160612235651j:plain

開けると早速本体が!

f:id:beed:20160612235709j:plain

さらに本体の下にはACアダプタと説明書・保証書が入っています。付属品はこれだけです。シンプルですね。

f:id:beed:20160612235725j:plain

本体はこんな感じです。安いけどプラスチック製じゃないし、触った感じは悪くないです。ただ、ロゴの上下は逆じゃないんでしょうか?好みの問題でしょうか?

f:id:beed:20160612235748j:plain

ついでに裏面、スピーカーは下面なんですね。

f:id:beed:20160612235850j:plain

開いてみるとこんな感じです。Chromebook最小の10.1インチサイズながらキーボードのキーピッチは広く打ちやすそうです。

f:id:beed:20160612235859j:plain

ただし、配列はちょっと特殊なんでなれが必要そうな感じはします。

f:id:beed:20160612235922j:plain

f:id:beed:20160612235916j:plain

両サイドです。右サイドにはイヤホンジャック、Micro SDスロット、USB2.0×2、HDMIと入力端子類が並びます。左側はACアダプタの入力と音量ボタン、電源ボタンですね。

全体的な第一印象は小さい、軽いっていうのと、3〜4万のPCにしては安っぽくなくて良かったってとこでしょうか。あとは使ってみないとわからないですね。

まとめ?

たんにChromebookが手に入って嬉しかったってだけの記事っす。そのうち気が向いたらレビューとか書くかもしれないです。

関連記事

Chromebook初心者の僕が、1ヶ月間「Chromebook Flip C100PA」を使って感じたことを書く!Chrome OS編 - 物欲に負けた日

Chromebook初心者の僕が、1ヶ月間「Chromebook Flip C100PA」を使って感じたことを書く!ハード編 - 物欲に負けた日