物欲に負けた日

オススメのガジェットや文具のレビュー、育児や仕事、日々のいろいろを書いています。

WiMAXは固定回線代わりに使える?フレッツ光をやめて1年半「WiMAX 2+」だけで生活する僕がメリット・デメリットを大公開!

f:id:beed:20160203160534j:plain

Wi-Fiを自宅だけじゃなくて外出先でも快適に使いたい!とにかく安くインターネットを使いたい!回線工事無しで早くインターネットを使いたい!

そういうユーザーが検討するのが「光回線やADSLをやめて自宅でもWiMAXでインターネットができないか?」ってことではないでしょうか?WiMAXには固定回線にはないメッリットがたくさんあります。でもWiMAXじゃ回線速度が遅かったり安定して使えなそうで不安。。。って心配もありますよね。

僕もWiMAXに一本化するときはそういった不安がありましたが、結果的に現在は自宅の固定回線をなくして「WiMAX 2+」だけで快適にインターネットライフを送れています。

そこでこの記事ではWiMAXが自宅の固定回線と比較してどのくらい使えるのか?固定回線をやめてWiMAXに一本化するメリット・デメリットを解説しちゃいます!

自宅の回線をWiMAX 2+にして大正解だった!

結論から言うと我が家でも1年半ほど自宅のフレッツ光を解約してWiMAXだけでインターネットを利用していますが、不満もなくとても快適に使えています。

個人的には自宅でも外出先でもおもいっきりネットが使える「WiMAX 2+」への一本化は正解でした。

それにWiMAXって光回線と比較して月額料金も安いですし、工事の手間がないので引っ越しの時も楽だったりと自宅から持ち出すことを考えなくてもいろいろとメリットがあるんですよ。

WiMAX2+とは?

f:id:beed:20161128011613j:plain

まずは基本編。WiMAX2+とは何かをご紹介します。そんなのわかってるよ!って方は読み飛ばしちゃってください。

WiMAXもサービス開始からバージョンアップをしていて、今は「WiMAX 2+」というサービスになっています。最大通信速度558Mbpsというスゴい速度のモバイル通信サービスです。それ以前の無印WiMAXなどのサービスはすでに新規申し込みできません。

UQがサービス提供するインターネット通信サービス

WiMAXはKDDIグループのUQコミュニケーションズが運営するモバイル通信サービスで、専用のモバイルルーターを使って通信します。最近は自宅で利用するユーザーも増えているようで据え置き型のホームルーターもあります。

大元のサービスはUQが提供しているものですが、UQ以外にも複数のサービス提供会社(プロバイダ)がいます。簡単に言えばどこの代理店を使うかで価格が変わってくるということです。どこで契約しても通信品質は基本同じですが、料金やサポートが違うのでどこで契約するかをちゃんと選ばないと損しちゃいますね。

本家UQモバイルは大手だけあってサービスは良いようですが価格面では他のプロバイダには劣るので、お得に使いたいなら別のプロバイダと契約したほうが良いです。

お得に使えるプロバイダはあとで紹介しますね!

7GB/月のプランとギガ放題

WiMAX2+のプランは主に2つあります。会社によって呼び方が違ったりしますが基本的な内容は同じです。

1つは月に7GBまで高速通信が使えるプランです。7GBを超えると128kbpsまで通信速度が制限されてしまいます。料金は安いのですが自宅の固定回線代わりと考えると容量が少なすぎますよね。あくまでモバイルルーターとしてのみ利用する方向けのプランでしょう。

もう1つがギガ放題というプランで高速通信が使い放題のプランです。実際には3日で10GBを超えると制限がかかりますが、それでも6Mbps程度とそこそこの速度が出ます。3日で10GBはかなりのヘビーユーザーでない限りなかなか使い切れないでしょうし、6MbpsならYou Tubeの動画もちゃんと見ることができるくらいの速度です。

ギガ放題なら自宅のインターネット回線としても十分な品質ですね!

WiMAX 2+はこんなに使える!

WiMAXを自宅のインターネット回線として利用しようと考えた場合に気になるのはその速度と安定性ですよね。WiMAX 2+は最大速度558Mbpsという非常に高速なインターネット回線ですが、やはり光回線に比べれば遅いですし、安定して使えるのか心配になっちゃいますよね。

でも1年半自宅のインターネット回線として利用してきた経験から言ってWiMAXの回線品質はかなり高いです!

通信は意外と安定している

モバイルルーターというと回線が途切れたり安定して使えないんじゃないかと心配になってしまいますね。でも自宅のインターネット回線として利用するのであればその心配はほとんどありません。モバイルルーターが途切れがちなのは移動しながら利用したり、電波の悪いエリアで利用するからです。

通信エリア内で固定して使うのであれば電波が途切れるなんてことはほぼありません。

昔は携帯電話もよく圏外になったりしていましたが今時は通信エリア内で突然圏外になるなんてこと無いですよね。電波の品質もどんどん良くなっているんですね。

もちろん通信エリア外では使えないし電波の入りにくい場所もスポット的にあるので確認は必要ですが、ちゃんと電波が入る場所であれば突然回線が切れる心配はないと考えていいでしょう。

動画だってバッチリ見れる回線速度

WiMAXは光回線に比べると回線速度が遅いのは間違いありません。でも実際に利用するとなんの問題も無い回線速度であることがわかります。ホームページを見たりメールの送受信程度なら光回線だろうがWiMAXだろうが体感上はまず何も変わらりません。

公称1〜2Gbpsの最近の光回線に比べれば見劣りするものの、WiMAXはMAX558Mbpsと非常に高速な回線です。

でもインターネット回線の速度ではこうした通信会社が表示している速度はほとんどあてになりません。理論上の最大速度とかいう訳の分からない数字ですから。なので実際にどれくらいの速度が出るのか?が重要です。

f:id:beed:20161128011734j:plain

ちなみに、我が家のWiMAX2+を利用して、スマホで通信速度の計測をしたところ30Mbpsを超える速度が出ました。僕が使っているルーターはちょっと旧型で220Mbpsまでしか対応していないものなので、558Mbpsに対応している今の最新機種を使えばもっと早い速度が出るはずです。

通信制限がかからない限りこれくらいの速度は常時出ている感じです。このくらいでも普段の利用で遅いと感じることはほぼありません。

回線速度が必要なサービスと言うと思いつくのがYouTubeをはじめとした動画サイトですね。さらに最近はAmazonプライムビデオやHuluなど低価格で映画などが見放題といったサービスも人気ですね。

僕はAmazonプライムビデオをよく見るのですが高画質(HD画質)で見ても途中で止まったり動画がカクカクするようなことはありません。パソコンをテレビにつないで大画面で快適に映画鑑賞をしています。

Amazonプライムビデオの場合、HD画質でも必要な速度は3.5Mbpsとなっているので速度制限時のWiMAXでも十分なくらいです。他の動画サービスでも多少の違いはありますが概ね5Mbps程度あれば動画は問題なく見ることができるんですね。

WiMAXくらいの速度があれば通信速度が遅いという不満はほとんどないと思います。

モバイルルーターでも意外と電波が強い

WiMAXを使い始めて意外だったのがWi-Fiの電波が強いということです。

僕が使っているのはすでに型落ちのモバイルルーターW01です。使い始めるまではモバイルルーターってすぐ近くしかWi-Fiが使えないのかと思っていたのですが意外と遠くまで届くんですよね。

我が家は2階建ての木造住宅なのですが1階のリビングに置いたモバイルルーターの電波が2階までちゃんと届きます。

もっと大きな家や鉄筋コンクリート造などでは電波も届きにくくなるかもしれませんがその場合は無線LAN中継器を併用すれば快適に利用できるのではないかと思います。

固定回線の代わりにWiMAX2+を使うメリット

ここからはWiMAXを自宅のインターネット回線として利用する具体的なメリットをご紹介したいと思います。

家でも外でもインターネットが使い放題!

タブレットやモバイルPCを持っているなら外でもインターネットが使いたいですよね。それに最近はドコモなど大手キャリアのスマホでもデータ通信量が厳しくなってしまって、データ通信量をオーバーしてしまうと遅すぎてスマホが使いものにならないってこともあります。

そんな時に外でもWi-Fiが使えればなぁって思いますよね。

WiMAX2+は元々モバイル通信サービスですから、当然モバイルルーターとしても使用できます。スマホのテザリングではデータ通信量が気になって思い切ってインターネットを利用できませんが、WiMAXなら外出先でもインターネットが使い放題です。

家でも外でもインターネットが使い放題になるWiMAXがあればすごく快適にインターネットが使えます!

なんならスマホは音声通話だけ契約してネットはすべてWiMAXにしてしまえばさらに安く使うこともできますね。

工事が不要で即日開通!

固定回線を引くとなると工事が必要になるので時間もかかるしめんどくさいですよね。工事の予約が混み合っている時期だとかなり待たされることもあります。場合によっては1ヶ月~2ヶ月くらいネットが使えない!なんてこともあるでしょう。

それに、工事って家の中に作業員さんが入ってくるので、立会もめんどくさいし、なるべくならやりたくないですよね。女性のひとり暮らしだと男性の作業員がひとりで家の中に入ってくるのも不安じゃないですか?

WiMAXなら工事が不要ですぐにインターネットが使えます!

WiMAXなら端末さえ手元に届けばすぐに使い始められます。短期間で面倒な工事の立会とかもなく開通できるメリットは大きいです。さらに一度契約してしまえば引っ越しの時も本体を持っていけばいいだけなので楽ちんです。

もちろん、工事費もかからないってのもメリットですね。

月額料金が安い!

WiMAX2+は光回線に比べて月額料金が安いです。会社によって料金が違ったりキャッシュバックがあったりしますが、基本的にギガ放題で4,000円台が相場ですし、プロバイダを選べばさらに安く使えます。

光回線でもインターネット設備が充実したマンションでは割引が効くので安く使えるケースもあります。でも、インターネットに対応していないマンションやアパート、戸建住宅では光回線は5,000円くらいかかってしまい割高になってしまうことが多いですね。

例えば僕の場合は戸建てなので、NTTのフレッツ光は2年契約で割引をしても回線だけで4,400円。さらにプロバイダーを契約必要があるのでプラス1,000円としても5,400円くらいでしょうか。

例えば僕が契約している「GMOとくとくBB」のプランはギガ放題で月額3,353円ですのでフレッツ光に比べて2,000円以上安い計算になります!

家でも外でも使えてさらに料金が安いのでかなりお得感がありますよね!

auスマートバリューmineで月額料金がさらにお得に!

僕はauユーザーではないので使えないのですが、auユーザーならさらにお得にWiMAXを使える可能性があります。

WiMAXは同一名義のauスマホと組み合わせて割引ができるauスマートバリューmineの適用ができます。これはWiMAXを契約してauに申し込みをすると毎月最大934円OFFになるというものです。

ただし、auスマートバリューmineは家族割などを使わない単身者向けのサービスなのと、月額料金の安い一部のプロバイダでは適用できないプランもあるので確認が必要です。

通信関係の機器がコンパクトにまとまり、置き場所を選ばない

個人的に結構嬉しいポイントとして通信関係の機器がすっきりまとまったというのがあります。

f:id:beed:20161128011648j:plain

ちなみに我が家ではこんな感じです。

固定回線の場合はモデムとルーターが別に必要だったり、それぞれケーブルでつなぐ必要があるので、機器が結構かさばるし、置き場所も限定されます。WiMAX2+は専用のモバイルルーター1台ですべて済むので、機器もコンパクトにまとまりますし、固定して使う場合もコンセントさえあればいいので置き場所を選びません。

ちょっとしたことですが見栄えもいいし掃除もしやすくなって快適です!

設定が不要で手軽に使える

WiMAXは設定がとても楽にできるというのもメリットですね!

インターネットの設定って難しくないですか?固定回線を引いた場合、モデムやルーターをケーブルでつないでパソコンからログインして設定なんて作業が必要になってしまいます。苦手な方にはなかなか難しい作業なので有料で設定サービスがあるくらいですよね。

その点WiMAXなら本体の電源を入れるだけでOKです。必要な設定といえばパソコンやスマホなどの機器側のWi-Fiの設定くらいなので比較的簡単ですね。Wi-FiのIDとパスワードを入力するだけで使えるようになるはずです。

無料のWi-Fiスポットで設定して接続した経験があるならとてもカンタンで迷うことはないですね。

固定回線代わりにWiMAX2+を使うデメリット

ここまでWiMAXのメリットを説明してきましたがWiMAXにももちろんデメリットがあります。

光回線より遅い

うえでも説明しましたがインターネットでサイトを見たり動画サービスを利用するくらいならまず問題ない速度です。とはいえ光回線より速度が遅いのは事実です。

WiMAXの利用で問題になるのは大きなデータをネットでバンバンやり取りするような使い方でしょう。例えばオンラインストレージに数ギガのデータを預けるとかですね。

あとは同時にたくさんの機器を接続してネットを利用すると1台当たりの速度が遅くなってしまうので辛いかもしれません。我が家はインターネットを利用するのが僕と妻の2人だけなのでまったく問題なしですが大家族だと厳しいでしょうね。

3日で10GBの通信制限がある

「WiMAX2+ ギガ放題プラン」でも本当に使い放題無制限というわけではなく、3日で10GBの制限があります。とはいっても10GBも使い切る方はそんなにいないでしょう。以前は3日で3GBの制限でしたが、10GBになったことでかなり改善されました。

また通信制限がかかった場合でも6Mbps程度はでるようです。これならADSLと同程度なのでインターネットでサイトを見たりメールくらいなら困ることはないですし、動画サービスも利用できる範囲です。

接続方法が限定される

モバイルルーターの多くは有線のLANポートがないので接続方法がWi-Fi(無線LAN)に限定されてしまいます。WiMAXのルーターも専用のクレードルを使えば有線接続できるものもありますが使い勝手としては見劣りしてしまうと思います。今は無線LANが一般化しているのでほとんどの機器は問題なく接続できると思いますが有線のLANポートしか備えていない機器を使いたい場合は不便ですね。

例えば、最近のテレビはインターネットに繋いで使えるようになっていますが、うちのテレビは有線のLANポートしかないんですよね。パソコンも古いものだと無線LANを内蔵していないかもしれません。

とはいえ、最近の機器であればインターネットに接続できるの機器は無線LANに対応していることがほとんどですからあまり気にしなくても大丈夫ではないかなぁと思っています。

申し込み前に通信エリアの確認を!

ここまで、固定回線をやめてWiMAXに一本化するメリット・デメリットを説明してきました。WiMAXを申し込んじゃおうかなって気になってきた方もいると思いますが、ここで要注意!

WiMAXはモバイル通信なので電波が入らないところでは使えません。都市部であればほとんど大丈夫だとは思いますが、まだまだカバーされてないエリアもあります。

WiMAXを申し込むなら先に必ずエリアの確認をしておきましょう。

通信エリアかどうかはプロバイダのホームページで確認ができます。また、一軒家や広いマンションに住んでいる場合、ちゃんと部屋の隅々まで電波が届くか心配になりますよね。我が家は一軒家なのですが1階に置いていてもちゃんと2階まで電波が届いていますが、建物の構造などにもよるので確認してみたほうがいいですよね。

WiMAXのプロバイダの中にはせっかく契約したのに電波が入らなくて使えないとか速度が遅すぎるといったトラブルが起こった時に違約金などなしで解約できる保障をしているところもあるので、心配であればそうした保障があるところを選びましょう。

おすすめのWiMAXサービスはどこ?

WiMAXには契約できるプロバイダがたくさんあります。WiMAXはUQコミュニケーションズのサービスなのですが代理店がたくさんあるイメージですね。

もともとのサービス提供元が同じでなのでもちろん通信品質は同じ。あとは料金や付加サービスの比較です。

もともとお得なWiMAXですが、ここではさらにお得に「WiMAX 2+」を利用できるプロバイダを紹介しますね。今回は固定回線の代わりということでギガ放題プランで比較してみます。

キャッシュバックがとにかくお得!「GMOとくとくBB」

キャッシュバック金額が高くてお得に使えるのが「GMOとくとくBB」です。

キャッシュバックが一番多くもらえるお得なプロバイダです。


【概要】

  • 契約事務手数料 3,000円

  • 月額料金 1ヶ月目~ 3,609円 3ヶ月目〜 4,263円 25ヶ月目〜 4,263円

  • キャッシュバック 最大33,000円

【特徴】

  • 申し込みから20日間キャンセルOK制度

  • auスマートバリューmineも適用可能

  • 2年契約・解約違約金有り

  • 毎月契約プランの変更が可能


2年間の実質負担金が業界最安値になる高額のキャッシュバックが有名なプロバイダです。業界でも歴史ある大手のプロバイダですしとにかく安く使いたい方にはおすすめです。

でも、キャッシュバックは1年後に申し込みなのでもらい忘れには注意が必要ですね。

せっかく申し込んだのに自宅で電波が入らないなどのトラブルの際に申し込みから20日以内であればキャンセルの違約金を免除してくれる安心の保証制度もあります。

お申し込みはこちら 【GMOとくとくBB WiMAX2+】市場最安級の月額料金3,609円~で使えて、最大33,000円キャッシュバック! 市場最強にお得なWiMAX2+はこちら

GMOとくとくBBはキャッシュバックのプランが有名ですが実は月額料金割引もあって、キャッシュバックなしなら月額料金もかなり安いです。


【概要】

  • 契約事務手数料 3,000円

  • 月額料金 ギガ放題:2,699円 3ヶ月目〜 3,353円 25ヶ月目〜 4,263円

  • キャッシュバックなし

【特徴】

  • 申し込みから20日間キャンセルOK制度

  • auスマートバリューmineも適用可能

  • 2年契約・解約違約金有り

  • 毎月プラン変更可能


キャッシュバックでなく月額料金が安いタイプならキャッシュバックのもらい忘れもないですし、安心ですよね。

お申し込みはこちら GMOとくとくBB WiMAX2+が月額2,699円(税抜)~!

月額料金が安く使える!「Broad WiMAX」

キャッシュバックなしで月額料金が安く使えるのが「Broad WiMAX」です。


【概要】

  • 契約事務手数料 3,000円

  • 初期費用 18,857円(条件を満たせば無料)

  • 月額料金 ギガ放題:2,726円 3ヶ月目〜 3,411円 25ヶ月目〜 4,011円

【特徴・注意点】

  • 申し込みから8日間キャンセルOK制度

  • auスマートバリューmineも適用可能

  • 2年契約・解約違約金有り

  • 初期費用あり(条件により0円)

  • 毎月プラン変更可能


キャッシュバックはもらい忘れが心配だし、月額料金が安いプロバイダがいいって方におすすめなのがBroad WiMAXです。24ヶ月までの月額料金では「GMOとくとくBB」のキャッシュバックなしのプランのほうが月額料金がちょっとだけ安いのですが、Broad WiMAXなら25ヶ月目からの月額料金が安いので、いろいろ考えず長く使いたいというのであればBroad WiMAXがおすすめですね。

Broad WiMAXのデメリットとして契約事務手数料以外に初期費用がかかるのですが、通常新規の申し込みであればキャンペーン適用で無料になるので気にしなくてOKです。

自宅で電波が入りにくいといったトラブルのさいには申し込みから8日以内に連絡すれば違約金なしでキャンセルできる安心の保障制度もあります。

お申し込みはこちら BroadWiMAXお申込はコチラ

とにかく安く使いたいなら「RaCoupon WiMAX」

「RaCoupon WiMAX」は月額料金が3,000円以下とダントツで安いです!


【概要】

  • 契約事務手数料 3,000円

  • 月額料金 ギガ放題:2,199円 4ヶ月目〜 2,883円 25ヶ月目〜 4,034円

【特徴・注意点】

  • 月額料金は最安

  • auスマートバリューmine対象外

  • 2年契約・解約違約金有り

  • サポート体制や契約方法に注意


安さだけでいえばこれ以上ないのですが、申し込み方法やサポートの特殊さがあって使いにくいサービスです。

RaCouponはクーポンサイトなので、WiMAXの契約もクーポンを購入するという形をとっています。これが特殊でわかりづらいものになっています。ホームページもプランごとに個別のクーポンページで確認となっていてわかりづらいです。期間限定のクーポンチケットというスタイルを取っているので、新しくクーポンが出るたびに価格やサービス内容が微妙に変わっていたりします。契約時には要チェックです。

ちょっと面倒なサービスではありますが、とにかく安く使えるプロバイダです。

お申し込みはこちら 毎月2,000円台でインターネット♪RacouponWiMAX
【楽天クーポン】

個人的おすすめ

僕個人のおすすめはGMOとくとくBBのキャッシュバックなしプランかBroad WiMAXです。

キャッシュバックはもらい忘れの心配があるので避けたほうがいいです。もしもらい忘れたらバカみたいですからね。

GMOとくとくBBは25ヶ月目からBroad WiMAXより高くなってしまいますのでそのタイミングで乗り換えるのが良いですね。そうすればモバイルルーターも新しく最新機種をもらえますし価格もお得なはずです。それがめんどうな場合、長く使うつもりなら25ヶ月目以降も安いBroad WiMAXがいいかもしれません。

RaCouponで契約して同じように25ヶ月目に乗り換えるのが最安値なのですが、解約方法などが面倒だという評判なのであまりおすすめはできないです。

まとめ

「WiMAX 2+」は速度や容量など通信の品質では光回線に見劣りしますが、一般的な使い方であれば十分すぎるほどの性能が安くかつ手軽に活用できます。特に一人暮らしの方や家族のインターネットの使用頻度が高くない方は十分すぎるほどの性能でしょう。設定の手軽さや外出時の利用など固定回線にはないメリットも多くあります。

僕も1年半ほど前にフレッツ光をやめてWiMAXだけの環境で過ごしていますがまったく不満はないですね。WiMAXの利用で快適・お得になりそうな方はぜひ一度検討してみましょう。