読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲に負けた日

怠惰な日々の徒然

世界の年収トップ5の分給を計算してみる!自分の中で新たな感情が芽生えるかもしれない

その他諸々

f:id:beed:20160523202657j:plain

世界には資産1,000億円とかの大金持ちと呼ばれる貴族的な階級の人達がいるらしい。会ったことないですけどね。

しかし、そういう大金持ちはたいてい投資家とか不労所得じゃないですか?イメージですけど。

僕はサラリーマンですからね。労働所得者ですから、そんなの現実味もないわけですよ。んじゃ、労働所得で世界トップクラスの奴らってどんくらい稼いでるのかを見てみようと思うわけです。

そして、彼らが1分間にどのくらい稼いでいるのかを計算してみたら、なにか新しい感情が芽生えるかもしれないと思ったわけです。

では、実際にやってみましょう!

大金持ち達の分給の計算方法

まずは分給の計算方法ですね。

年収はフォーブスの年収ランキングを元にします。労働所得ということで、世界の経営者達の役員報酬トップ5を見てみます。

forbesjapan.com

計算しやすさを優先して1ドル=100円換算にしておきます。

労働時間は不明なことがおおいですね。仕方がないので、ここでは次の労働時間で計算してみます。

週40時間 ✕ 年間52週 ✕ 1時間60分

年間124,800分

これで、「年収÷124,800」が分給ってことに仮定します。もちろん正確ではありませんが、「あいつらこんな稼いでんのか!」と実感するためだけの数字であれば、当たらずとも遠からずでいい数字だと思います。

世界の年収トップ5

では、実際に計算してみます!

第5位 フレッド・スミス/フェデックス

第5位で年収1,090万ドルです。10億円超えですね。

やはり桁違いですが、思ったより少ない気がしました。

しかし、分給は8,734円

時給1,000円のバイトを8時間頑張っても届きません。恐ろしいですね。

第4位 メグ・ホイットマン/HP

年収は一気に跳ね上がり、1,710万ドルです。

分給は13,700円!

1分間で諭吉さん1枚分を超えてます。なんてこったい!

第3位 ジョン・マーティン/ギリアド・サイエンシズ

年収1,880万ドルです。

分給は15,000円!

2分間働いたら3万円です。1日3万稼げたら一般庶民のサラリーマンの中では上位じゃないですか?それを2分で稼ぎ出すとは。

第2位 ハワード・シュルツ/スターバックス

スタバの社長の年収は2,010万ドルですよ。まさかのコーヒーチェーンで20億円超えです。

分給は16,100円!

もうスタバでMacBook Air開いてドヤ顔するのやめますわ。やったことないですけど。

ルパ―ト・マードック/21世紀フォックス

第1位は21世紀フォックスの会長で年収2,220万ドルです。

分給は17,800円!

って、もう完全に僕の1日の稼ぎ超えてますわー!

なにか生まれたのか?

僕の1日より、ルパート・マードック氏の1分の方が価値が上らしいですね。。。ということがわかりました。

これを知って、僕の中に沸々となにかが。。。湧き上がってきませんねー。やっぱり現実味ないですわー。分給に直したことで金額がちょっと身近に感じましたが、気のせいでした。

こりゃ、僕が金持ちになることは一生なさそうです。