物欲に負けた日

オススメのガジェットや文具のレビュー、育児や仕事、日々のいろいろを書いています。

煙管(キセル)で煙草を吸う良さを説明しよう!煙管はコストパフォーマンスが高くて美味しいんだよ

f:id:beed:20160420200744j:plain

最近は煙草への風当たり強いですね。自由に吸えるのは飲み屋くらいですよね。それすらも最近は分煙が進み、さらに禁煙の居酒屋なんかもでてきてますが。

煙草というと一般的には紙巻き煙草を想像する方が多いと思います。最近はアイコスのような加熱式の煙草もよく見かける用になりました。昔ながらの煙管を吸っている人はほとんどいない、というか僕は自分以外にはみたことがありません。

でも煙管(キセル)で煙草を吸うのってとてもいいんですよ。コストパフォーマンスはいいし、美味しいし、こだわれるポイントもあって趣味としても楽しい。それに添加物が少ないので健康被害も紙巻たばこよりは少ないのではないかと思います。

こんな素晴らしい煙管なので喫煙者の方にぜひ紹介してみようと思います。

煙管(キセル)で煙草を吸うということ

f:id:beed:20160420080045j:plain

煙管は古き良き日本の喫煙具ですね。江戸時代以前は煙草といえばこれだったはず。歴史は詳しくないですけど。

念のため煙管ってのが何か知らない方のために書いておきますと、煙草を吸うための道具ですね。先端の火皿に刻煙草を入れて火をつけ、反対側の吸口から煙を吸うわけですね。パイプと言われるものの1種ですが、火皿がとても小さいのが特徴です。

西洋式のパイプは火皿が大きくて葉っぱが沢山入るので、うまく吸うとすごく長い時間吸えるそうですが、その分葉っぱの詰め方にも吸い方にもテクニックが必要です。

f:id:beed:20160420081100j:plain

それに対して煙管は火皿が小さく、ちょっと詰めて、さっと吸う、テクニックもほとんど要らないお手軽な喫煙具です。せっかちな江戸っ子に似合う粋な喫煙具ですね。

煙管で煙草を吸う良さ

僕が煙管で煙草を吸い始めた当初の理由は日本らしくて面白いかなーということでした。

外国人というか、米軍さん向けのバーで店長をしていた頃の話しです。お客様のほとんどは喫煙者で、私も吸ってました。で、日本の煙管を紹介したら話のネタにもなるしウケるかな?と思ったんですね。

やっぱり日本に来ている外国人って日本的なもの喜びますしね。

そんな理由で使い始めた煙管なんですが、使ってみると結構いいんですよね。

コストパフォーマンスが良い!

以前紙巻き煙草を吸っていた頃はピースインフィニティというのを1日2〜3箱吸ってました。煙草代だけで月3万くらいはかかっていました。これはかなりの負担です。

煙管であればかなり安く吸うことができます。僕が吸っていたのは小粋というものでしたが、10gで約100服分で380円ですからね。かなり安い。

もちろん、煙管での一服が紙巻き煙草一本分に当たるわけではないのですが、それでも確実に安くなります。月額で1/3くらいにはなるのでないでしょうか?

今では煙管用の刻み煙草は種類は少なくなってしまいましたがちゃんと販売しています。刻み煙草がなければ巻き煙草用の葉っぱも使えます。自動販売機やコンビニで手軽に買えるとはいきませんがちょっと品揃えのあるタバコ屋さんなら手に入るのでそれほど困ることもありません。

煙管で吸うと美味い!

煙管で吸うととても美味いです。添加物が入っていないので、煙草本来の味と言われますが、これがとても良い。

煙管で煙草を吸うと市販の紙巻き煙草がいかに添加物だらけかわかると思います。紙巻き煙草の紙には燃焼剤が入っていますし、中の葉にも添加物がたくさん入っています。煙管用の刻み煙草にはそういった添加物は入っていないので自然な煙草の味がするんですよね。

煙管の場合は葉の種類以外に煙管の種類や吸い方でも味が変わるのも楽しいところです。

煙管の違いとしては一般的には煙管の長さが長いほどマイルドな味になりますし、長さによって口当たりや口に入ってくるときの温度も変わります。材質によっても風味が変わりますし、同じ煙管でも使っているうちに内部に成分が溜まって味が変化してきたりもします。

いろんな煙管を試してみてこだわりの一本を見つけたり、煙管をゆっくりと育てるといった楽しみもあるんですね。

発がん性の高い添加物を吸わなくてすむ

煙草ってのはニコチンを摂取するためのものですね。んでニコチンって実は発がん性確認されてないんですよ。といっても毒性はありますけどね。

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ニコチンja.m.wikipedia.org

「煙草=癌」のイメージの原因となっているのは、添加物が生み出すタールなんですね。

http://kinen.polaris-group.net/nicotine/今さらですが。「ニコチン」自体に発がん性は/kinen.polaris-group.net

このサイトさんなんかわかりやすいですね。

つまり、添加物のない刻煙草を煙管で吸えば、紙巻きたばこよりも健康被害が少ないわけです。ヤニで壁や天井が汚れることも減るわけです。

もちろんゼロになるわけではないのですが、健康被害が少ないのは嬉しいじゃないですか。

煙管(キセル)は手軽にはじめられる

煙管ってあんまり見かけないものだし手を出しづらいってイメージもあるかもしれません。でもそんなことはありません。

一番のハードルは煙管ってどこで買えるのか?とか煙管って高そうってところだと思います。でも煙管は1,000円も出せばちゃんと使えるものが買えます。使っているうちにこだわってみたくなったら高いものを買ってみてもいいかもしれませんが、無理に高価なものを買わなくても十分です。

専門店が近所になくても最近はネットで煙管も葉っぱも買うことができますから安心です。

>>楽天市場で煙管(キセル)・刻み煙草を見てみる

>>Amazonで煙管(キセル)を見てみる

使ってる人少ないけど煙管は良いよ

今時煙管で煙草を吸っている人はほとんどいないけど。

使ってると変な目で見られるかもしれないけど。

煙管の掃除や手入れは面倒くさいけど。

煙管って良いですよ。紙巻き煙草よりメリットたくさんです。安くて、美味しくて、健康被害も軽減されるわけですから。

喫煙者の皆様、ぜひ煙管を試してみませんか?