読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲に負けた日

怠惰な日々の徒然

300円で書類整理に革命が!見出しに特化した付箋「ポスト・イット ジョーブ インデックス」を紹介

f:id:beed:20160415150544j:plain

皆様、仕事で付箋使いますか?たぶん事務作業がある方はほぼ使ってるんじゃないでしょうか。

思うんですけど、付箋って文房具として相当戦闘力高いですよね?

僕はペン類の次くらいによく使います。

TO DOを付箋にメモって管理したり、同僚のデスクにメモ残したり、直接書込しにくい資料のメモとかにも使いますね。それから、ページから少しはみ出させて、見出しとして使うってのもあります。

今日はそんな付箋の中から、僕の書類整理に革命を起こした、奇跡の付箋「ポスト・イット ジョーブ インデックス」を紹介したいと思います。

物としては昔からあるものですが、知らなかった方はぜひ!

僕の付箋ラインナップは4つ

店で付箋を見かけると特に用がなくてもチェックしちゃいます。デザインが凝ったものが欲しいんではなくて、機能性が良い物が欲しいんですね。

で、本題に入る前にちょっと脱線。今僕が使ってる付箋ラインナップ4つを紹介します。

  1. 普通の付箋
  2. マグネティック・ノート
  3. 透明なフィルム付箋
  4. ポスト・イット ジョーブ インデックス

こんな感じです。

普通の付箋は最早説明するまでもないです。見紛う事なき、見事なまでの、普通の付箋です。会社で備品として買ってくれる唯一の付箋なので、バリバリ使い倒してやっています。

マグネティック・ノートは静電気でくっつくという、ちょっと変わった付箋ですが、メモ用紙として使うにはとても良いです。でも、メモ用紙としては高いですけどね。

関連記事 静電気で付く「魔法のふせん マグネティック・ノート(magnetic notes)」購入1ヶ月の使用感レビュー - 物欲に負けた日

透明なフィルム付箋は、直接書込しにくい書類へのメモに使っています。普通の付箋だと、書類の内容が一部隠れちゃうんですが、これだと上から付箋を貼っても内容が隠れないので便利です。

特に、図面やイラストの部分修正を依頼するときとかはかなり使えますね。

そして、「ポスト・イット ジョーブ インデックス」です。

見出しに特化した付箋「ポスト・イット ジョーブ インデックス」

f:id:beed:20160415150720j:plain

こいつは、3M社の販売する付箋の一大ブランド、ポスト・イットの名前を冠した、付箋なのですが、インデックス(見出し)としての使用に特化しているのです。

付箋の持つ多様性を犠牲にした代わりに、見出しとしての機能に特化した、一点集中型の付箋なのです。

f:id:beed:20160415150747j:plain

中身はこんな感じです。透明のプラケースに収まっているポップアップ式ですね。片手でも取り扱い簡単です。

f:id:beed:20160415153839j:plain

貼ってみるとこんな感じです。

では、「ポスト・イット ジョーブ インデックス」の素晴らしさをご紹介と参りましょう。

丈夫で長持ち、剥がれない

こいつは紙製ではなく、ポリエステル製のフィルム付箋で、頑丈です。なんせ名前がジョーブですからね。千切ろうと思っても簡単じゃないですよ。

そして、もっと素晴らしいのは、剥がれにくいことです。

普通の付箋ってけっこうポロッと取れてしまうじゃないですか?強粘着と謳うものでも取れちゃいます。

特に見出しとして使う場合は、ページからはみ出している部分を持ってページを開くので取れやすいですね。

でも、こいつは違います。けっこうしっかり付くので取れちゃう可能性は低いです。それでいて剥がしたいときはちゃんと剥がれる、絶妙な粘着力になっています。

粘着部分が透明で書類の内容が隠れない

付箋を見出し代わりに使うと、貼った部分の文字や図柄が隠れちゃったりしますよね?

こいつは、粘着部分が透明になっているので、書類の内容が隠れることはないです。これがけっこう便利です。

隠れたところを見ようと思っていちいち剥いだり、貼ったり、ズラしたりしなくても良いですからね。

「ポスト・イット ジョーブ インデックス」マジおすすめです。

というわけで、付箋を見出しとして使うときの不満点を見事に解決し、僕の書類整理に革命を起こした「ポスト・イット ジョーブ インデックス」はマジおすすめです。

関連記事 静電気で付く「魔法のふせん マグネティック・ノート(magnetic notes)」購入1ヶ月の使用感レビュー - 物欲に負けた日