物欲に負けた日

オススメのガジェットや文具のレビュー、育児や仕事、日々のいろいろを書いています。

freetelの「SAMURAI 極(KIWAMI)」を0円スタートプランで買ってみた!ファーストインプレッションレビュー!iPhone6s plusとのサイズ比較も!

f:id:beed:20160406070438j:plain

今まで使っていたスマホが超低スペックだったんです。

1年半ほど前に、それまで使っていたソフトバンクのiPhoneをやめて、最近よく聞くようになった格安SIMに乗り換えました。DMM mobileというところです。

そのときに、格安SIMで使える安い白ロムを買ったんですが、とりあえずネットが見れてLINEが使えればいーやとしか思ってなかったので、数千円の白ロムでスペックは最低レベルだったんですね。

それでも、とりあえずやりたいことはやれていたので、まぁいいかと思っていました。でも、ブログを始めてから結構不満に思うようになりまして、買い替えを決意したのです。

というわけで、freetelの「SAMURAI 極(KIWAMI)」を0円スタートプランで購入したので、レビューしてみたいと思います。

関連記事 freetel「SAMURAI 極(KIWAMI)」購入1週間レビュー!概ね満足だけど、不満なところを書いてみる - 物欲に負けた日

http://www.butsuyoku.top/entry/2016/09/17/235410

freetelの「SAMURAI 極(KIWAMI)」とは?

freetelは格安SIMで使えるSIMフリースマホを製造販売している国内の新興メーカーです。以前は安かろう悪かろうなスマホを出しているメーカーというイメージでしたが、最近はコスパの良いスマホを出しているメーカーということで評価も上がってきているようです。

「SAMURAI 極(KIWAMI)」はそんなfreetelの最上位機種です。スペックもかなりのものです。

スペックは公式サイトで確認できます。

www.freetel.jp

6インチの大画面でいわゆるファブレットと呼ばれるものですね。iPhone6s plusよりデカいです。

CPUは「MT6795 Octa core 2.0GHz 64bit」で、メモリーはRAM3GB、ROM32GBあり、デュアルSIMに対応していますね。

これで定価4万円以下というかなりコスパの良いSIMフリースマホとなっています。

freetelの0円スタートプラン

freetelの0円スタートプランはfreetel製のSIMフリースマホとfreetelが発行している格安SIMの契約がセットになっているプランで、本体代が2年間の分割払いになるプランです。

freetel製のすべてのスマホが対応しているわけではないのですが、KIWAMIは0円スタートプランがありました。

0円スタートプランはKIWAMI本体と2年間の故障(水濡れ等含む)が保証されるプレミアム保証、ケースと画面保護シートがセットになっています。

セット料金は56,280円が10,680円割引で45,600円となっており、これを24回払いで、月1,900円になります。

freetelの格安SIMを契約するのが条件で、支払いは毎月まとめて請求されるようです。支払い方法はクレジットカード払いのみです。

実は僕は支払い方法で一悶着ありそうです。通常はあり得ないレアケースだと思いますが、この辺は落ち着いたらまた書きたいと思います。

「SAMURAI 極(KIWAMI)」ファーストインプレッションレビュー!

それでは、「SAMURAI 極(KIWAMI)」のファーストインプレッションレビューと参りたいと思います。使用感などの詳細はしばらく使用してみて改めて記事にします。

セットの中身と外観

f:id:beed:20160403220418j:plain

まずはKIWAMI本体です。結構かっこいい箱に入っています。

f:id:beed:20160403220539j:plain

中を開けるとビニール袋に入った本体がお出ましです。この下に充電器とSIMスロットを開けるためのピンが入っています。

f:id:beed:20160403220757j:plain

正面はハードウェアボタンはなくシンプルです。画像で伝わらないと思いますがデカいです。

f:id:beed:20160403221115j:plain

裏面です。カラーはブラックを選びました。マットな質感で指紋などは気になりません。個人的には良いデザインだと思います。

上の方に付いているのがカメラで、すぐ下に指紋センサーが付いています。人差し指で認証するのに便利な位置ですね。

f:id:beed:20160403221446j:plain

SIMカードとプレミアム保証のパッケージです。0円スタートプランではセットになっているので付いてきます。

f:id:beed:20160403221603j:plain

こちらも0円スタートプランにセットの画面保護シートです。まあ、普通です。

もちろん単品売りもしています。

f:id:beed:20160403222016j:plain

さらに、0円スタートプランにセットのブック型カバーです。ブック型は賛否ありそうですが、黒無地で無難なデザインです。

f:id:beed:20160403222222j:plain

ブック型カバーを開いてみたところです。フラップの内側にカードが1枚入るポケットと鏡が付いています。

ポケットにはSuicaなどの交通系ICカードが定番ですね。鏡は身だしなみ用でしょうか?鏡があるおかげで後ろから覗いてくる奴をチェック&威嚇できますね。

マグネットでロックされるようになっており、背面部分を折り曲げるとスタンドとしても使用できる、ブック型カバーとしてはオーソドックスな作りです。

こちらももちろん単品売りもしています。無難なデザインのブック型カバーを探している方はおすすめです。

6インチはやはりデカい!

KIWAMIを手に入れての第一印象はやはり「デカい」ということですね。購入前からわかっていたことではありますけども。

6インチなので画面サイズでは5.5インチのiPhone6s plusよりデカいわけです。しかし、スペックシート上の本体サイズはiPhone6s plusとほぼ同じです。全面にハードウェアボタンがないことが大きいようです。

f:id:beed:20160403230602j:plain

妻にiPhone6s plusを借りて比較してみました。数字上はほぼ同じはずですが、KIWAMIの方が大きく見えすね。iPhoneより角ばっているからでしょうか?

f:id:beed:20160403230807j:plain

厚みはKIWAMIの方が明らかに厚いです。とはいえ、単体で持ってみると思ったより薄いですけどね。

KIWAMIの実機を見るチャンスがない方もiPhoneならどこの携帯ショップでも見られるので、イメージしてもらえたでしょうか?

デフォルトのAPN設定が豊富で設定簡単!

freetelの格安SIMとセットで買うと予め設定して発送してくれるので、何もしなくていいのですが、別のMVNOのSIMを使う場合は自分で設定が必要ですね。

とはいえ、プリセットのAPN設定が豊富でほとんどの格安SIMが入っていますので選択するだけで設定完了です。freetelはSIMフリースマホ専門の国内メーカーだけあって、この辺のフォローは良いですね。

指紋認証は使いやすいけど。。。

背面についている指紋センサーの配置はかなり良いです。人差し指で自然に触れて解除できる位置にあります。

とても使いやすいのですが、スリープ状態からの読み込みでは反応が遅いです。

指紋センサーを触って画面がつくまで予想よりワンテンポ遅い感じです。電源ボタン押して、画面つけて、ロック解除する流れよりは早いし格段に楽ですけどね。

まとめ

ファーストインプレッションとしてはこんなところでしょうか?今後1週間ほど使ってみてから感想を記事にしたいと思います。

関連記事 freetel「SAMURAI 極(KIWAMI)」購入1週間レビュー!概ね満足だけど、不満なところを書いてみる - 物欲に負けた日

http://www.butsuyoku.top/entry/2016/09/17/235410

LINEモバイルならLINEやTwitterが使い放題!LINEの年齢認証もOK!LINEモバイルを実際に使ってレビューする! - 物欲に負けた日