物欲に負けた日

オススメのガジェットや文具のレビュー、育児や仕事、日々のいろいろを書いています。

地域色満点!全国のたぬきそば・うどんを調べてみた

皆様はたぬきそば・たぬきうどんと聞いてどのようなものを想像されますか?

先日、昼食に立ち食い屋でたぬきそばを食べたんです。すると、そばの上には揚げ玉が乗っていました。関東出身の同僚に聞くと「たぬきそばは揚げ玉でしょ。」と当たり前のように返ってきました。私はたぬきそばというと、熱々の餡がかかっていると思っていたのです。

どうもたぬきそば・うどんというのは名前は同じでも地域によって中身が違うようです。

そこで今回はいろんな地域のたぬきそば・うどんについて調べてみることにしました。

関東で一般的なたぬきそば・たぬきうどん

関東で一般的なたぬきそば・たぬきうどんは揚げ玉が入ったものです。

f:id:beed:20160208124805j:plain

たぬき (麺類) - Wikipedia

全国的にもこれが最もメジャーなたぬきそば・たぬきうどんなのでしょう。

なぜ揚げ玉でたぬきそば・たぬきうどん?

ではなぜ揚げ玉を入れたものがたぬきなのでしょうか?

様々な説があるようですが、有名なのは天かすがタネ抜きの天ぷらで、タネ抜きからたぬきになったというものでしょうか。 

個人的に押したいのは元はイカ天だった説。

たぬきそばの歴史はなかなか古く、誕生は江戸時代後期だそうです。そして、誕生した時は揚げ玉ではなく、イカの天ぷらだったそうなのです。当時は今のようなサラダ油や動物性の油はなく、揚げ油はもっぱらごま油だったとか。すると天ぷらの衣は茶色くなります。熱で丸まった茶色いイカ天が狸のように見えたことから、たぬきそばと呼ばれたそうです。

他地方のたぬきそば・たぬきうどん

それでは、関東以外のたぬきそば・たぬきうどんについて見ていきましょう!

大阪のたぬきそば

大阪では油揚げが入ったうどんはきつねうどん、油揚げが入ったそばはたぬきそばといいます。きつねの反対って意味らしいですね。

京都のたぬきうどん

京都のたぬきうどんは細切りの油揚げの上に餡がかかっているものです。私は生まれは九州ですが、母の実家が京都であったので、このたぬきうどんのイメージがあったんですね。

北海道のたぬきそば・たぬきうどん

北海道のたぬきそば・たぬきうどんはかき揚げがのっています。かき揚げは衣が多いことからタネがなく見えるということから、タネ抜き、たぬきとなったそうです。

というわけで、同じ名前でもいろいろとあるものです。いろんな姿に化けて昔話のたぬきのようですね。