読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

物欲に負けた日

怠惰な日々の徒然

フリクションボール4ウッドをカスタマイズして作る。私的最強の一本!

物の話

f:id:beed:20160130013407j:plain

前回「フリクションペンの最終形「フリクションボール4」&「フリクションボール4ウッド」を買ってみた! - 物欲に負けた日」という記事を書きました。

関連記事 フリクションペンの最終形「フリクションボール4」&「フリクションボール4ウッド」を買ってみた! - 物欲に負けた日

前回の記事で紹介した「フリクションボール4ウッド」はかなりグレートなペンで仕事用として常に携帯し、愛用しています。そのままでもかなりオススメの一本なんですが、私はカスタマイズして使っています。

今日はそのカスタマイズを紹介したいと思います。

まずはリフィルに入れ替え

フリクションボール4ウッドはリフィル(替え芯)の交換が可能です。まずは私好みのリフィルに入れ替えます。

0.38mmのリフィルに変える

前回の記事でも紹介しましたが、フリクションボール4はフリクションボール3やフリクションボールスリムとリフィルの互換性があり、ペン先の太さ0.38mmのリフィルが使用できます。

f:id:beed:20160130013458j:plain

手帳にスケジュールを書き込んだり、ちょっとしたメモを書くときに細かい字を書く機会がある方は多いと思います。そうした場合にはペン先が細い方が便利ですよね。私もペン先は細いほうが好みなので早速入れ替えます。

ちなみに、フリクションボールはインクフローが良いので、書き味がなめらかでいいのですが、その分インクがなくなるのが非常に早いです。0.38mmのリフィルなら先が細い分インクも長持ちしてお得です。

0.38mmのリフィルなら色も選べる

0.5mmのフリクションボール多色用のリフィルは赤・青・黒・緑の4色しかありませんが、0.38mmのリフィルは全17色と豊富なカラーバリエーションがありますので、好みの色が選べます。

f:id:beed:20160130013757j:plain

ただし、フリクションボール4本体側のスライド部分は交換できない(販売もされてないし)ので、適当に変えると色がわからなくなるので注意が必要です。色を変える場合も赤には赤系統、青には青系統という風にわかりやすくしておいたほうが良いと思います。

色を変えるメリットは、好みの色が使えるというだけではありません。私は仕事で1つの書類や図面に複数人でチェックを入れる場合、書き込むペンの色を他の人と被らない色にしています。そうするとどれが私のの書き込みかが一目瞭然です。

私の配色はこれだ!

参考になるかわかりませんが、私はすべて0.38mmのリフィルで、赤の位置には普通にレッド、青の位置はブルーブラック、緑の位置はフォレストグリーンにしています。

やはり赤はよく使う色なので、普通に1色あったほうが良いです。フォレストグリーンは上で話した他の人とと被らない色として使っています。普通のグリーンでも被り率は低いですが、フォレストグリーンならまず大丈夫です。実は最初はライトグリーンにしたのですが、読みづらくて変えました。

ブルーブラックの目的と黒の位置は次に説明します。

リフィルアダプターで消えないボールペンリフィルをセットしよう!

世の中にはいろんなことを考える人がいるものです。正式な書類への記入は消えないボールペンが必須ですが、フリクションと2本持ちは煩わしいので一体化したいというのは常々思っていました。そしたらそれを実現するアダプターがあるんです。

ボールペンリフィルアダプター「PF-01」

BA-PF-01 | UNUS PRODUCT SERVICE.

f:id:beed:20160130020152j:plain

これを使えばフリクションボール4に消えないボールペンリフィルをセットできます。対応リフィルは上のリンクから確認してほしいのですが、私はジェットストリームのSXR-200-07にしました。

アダプターにはめるとこんな感じです。

f:id:beed:20160130020554j:plain

アダプターをはめるときはちょっと硬いです。リフィルを取り替えるときにフリクションボール4本体の中で抜けて外せなくならないようにということのようです。これを後はフリクションボール4に普通にセットすればOKです。

これで、フリクションボール4ウッド1本で一通りのことがこなせるようになりました。

黒のフリクションボールを持っているとついうっかり署名などをそれで行ってしまうかもしれませんし、今はコンプライアンスの関係でフリクションボール、特に黒は良い顔をしない会社が多いと思います。消えないボールペンリフィルに変えてしまえばそう言った面でもOKですね。

そうすると、黒がなくなるので普段使いのメモなどをする時の色がなくなるので、私は青の位置にセットしたブルーブラックを普段使いの色にしています。万年筆のインクの色に近くなかなか良いですよ。

クリップをバネ式に変えることもできる

上部のラバー部分が交換できることは前回の記事で紹介しました。回すと外すことができます。そのラバー部分を外した状態でクリップを上にスライドさせるとクリップが簡単に外れます。

フリクションボール4・フリクションボール4ウッド共に取り外し可能で入れ替えることもできます。なので、フリクションボール4ウッドにフリクションボール4のバネ式クリップを取り付けることも可能です。

バネ式であれば生地の厚い服のポケットでもスムーズに挟めます。ただし、見た目はやはりちょっと安っぽくなります。

私は胸ポケットではなくバインダーに挟んで持ち歩いていて必要性がないので交換はしていません。

まとめ

いかがでしょうか?買ってそのままでも良いペンですが、カスタマイズすればより使いやすくなります。私はこのカスタマイズペンのおかげで、ペン一本でほとんどの用が済むようになりました。

非常におすすめなのでぜひチェックしてみてください。

関連記事 フリクションペンの最終形「フリクションボール4」&「フリクションボール4ウッド」を買ってみた! - 物欲に負けた日

こちらもオススメのボールペンです!

1000円以下で買える最高の多機能ペン、サクラクレパス「Ballsign4*1(ボールサイン フォーバイワン)」の紹介!金属軸を採用した水性ボールペン4色+シャーペンのかなりできの良い多機能ペン - 物欲に負けた日